SBI証券の「マーケット・フラッシュ」に注目ですわ

Pocket

SBI証券のマーケットフラッシュでは、今回の米国雇用統計についてのレポートを掲載していますわ!

先週金曜日(11/6)に発表された10月の米雇用統計で、代表的な指標である「非農業部門雇用者数」が前月比27万1千人増加しましたのよ。9月の13万7千人増から大きく加速したことに加え、事前の市場予想(18万5千人増)をも大きく上回ったのですわ。失業率も5.0%と前月(5.1%)から低下し、FRB(米連邦準備制度理事会)が「完全雇用」状態と判断する4.9%をほぼ達成した上、時間当たり賃金も前年同月比2.5%増加、2009年7月以来の増加率となりましたわ!今回の米雇用統計は全般的に非常に強い内容だったと言えるのですわ

ただ、雇用統計以上のサプライズであり、東京市場にも好影響と考えられるのが、同統計発表後における市場の反応ですわ。11/6(金)のNY市場では、ダウ平均が前日比46ドル90セント上昇し、外為市場ではドル・円相場が123円台と、8月下旬以来の円安・ドル高水準を付けましたのよ!

米国市場ではこれまでしばしば、強い雇用統計を受け、利上げ(前倒し)観測から株価は急落するという光景が見られたものの、今回は異なる反応を示したことになりますのよ。10月の雇用統計の結果を受け、金利先物市場からみた12月のFOMC(米連邦公開市場委員会)での利上げの可能性は70%に上昇(統計発表直前は56%)しましたが、それを織り込んで株価は上昇したことになりますのよ。

米国市場が強い雇用統計を前向きにとらえ始めたことは重要な変化、とSBI証券では評していますわ。米経済の強さが素直に米株高や円安・ドル高を経て、日本株の上昇につながりやすくなるから、とのことなのですわ。11/6(金)のシカゴ日経平均先物は終値が19,460円(大阪取引所終値+200円高)となり、11/9以降の日経平均は買い先行でスタートしましたが、今後も株価上昇が続く可能性が膨らんできたのですわ!

関連記事

石油業界の再編に注目じゃ!

石油元売り国内2位の出光興産が5位の昭和シェル石油の筆頭株主となり、経営統合に向かっておるのじゃ。 石油製品の国内市場は縮小が続いておるので、再編により規模を拡大して生き残りを目指しているのじゃ。実際 …

【日経新聞の記事より】今、話題の会社の株価について紹介するのじゃ

株式会社ベネッセホールディングス【_9783_】 ニュースで少なくとも1回は名前を聞いたであろう 個人情報の漏えい問題で今話題の会社じゃ。 漏えい問題が発覚してから1週間。 ベネッセホールディングスが …

第十五回:纏めでござる

「これまでの回①銘柄の分散(パッシブタイプの投資信託やETFの利用)、②投資国の分散、③商品の分散、④時間の分散を教えたでござる。特に前回はドルコスト平均法について触れて負けにくい「投資」について説明 …

日経平均の今後の動きを一目均衡表から探るのですわ!

SBI証券では、「波乱が続く株式市場~反発のタイミングはココ!? 」という記事を掲載しているのですわ! 日経平均は2万円台に突入したかと思ったら、18,000円台まで下がるなど、波乱の様相となっていま …

ジェネリック家電に注目なのじゃ

近頃ジェネリック家電に人気が集まっているのじゃ。 山善(8051)やの扇風機はシンプルな機能で低価格で売られており、パナソニック(6752)などの多機能な高級扇風機よりも売れ行きが良く、主力商品となっ …

トップへ戻る