SBI証券が上昇が期待できそうなマザーズ銘柄を紹介していますわ!

Pocket

SBI証券では、上昇が期待できそうなマザーズ銘柄について紹介していますのよ。
下落が続いていたマザーズ指数が、ようやく底打ちした、とSBI証券では分析していますわ。その背景には、マザーズ指数を算出する上で重要な要素を占める、ミクシィ(2121)がようやく底打ちしてきたから、ということなのですわ。

ミクシィの日足チャートですわ!

ここから分かるとおり、6/24の高値6,670円から、9/14の安値3,615円まで約45.8%の大幅下落となっていましたわ。これが東証マザーズの下げにつながっったのですわ。なお、足元は25日移動平均線も突破して、リバウンド相場に入ったのですわ。
これはミクシィの投資指標なのですわ。

ここからわかるように、極端に売り込まれたのでかなり指標面からは割安な水準に入っていたのですわ。それが反発の要因となったようですわ。

東証マザーズ市場は、基本的には個人投資家の比率が高いマーケットなのですわ。東証マザーズ銘柄に投資する投資家の幅が限られているために、上昇・下落との一方通行的になり、トレンドの出やすい市場であるのが特徴なのですわ。

しかし、ようやく下落相場が終わりリバウンド相場に入ったと考えられるので、目先の上値目標としては、下のチャートの赤丸で示した大きな窓埋め水準である880ポイントをSBI証券では想定しているそうですわ。そして、その水準までの戻りは早いと考えられるそうですのよ。

関連記事

郵政3社上場に伴う、相場動向を見てみるのですわ!

11月4日(水)に郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)が東証1部に新規上場しますわ。 そのことについて、SBI証券では、前後の相場展開を予想していますのよ。 日本経済新聞の報道では、 …

【1万円で買える株を見てみるのじゃ!】

自民党が政権奪取し、安倍首相肝煎りの経済政策であるアベノミクスが実施されてきておるが、このアベノミクスのおかげで、それまで冬の時代が続いた日本の株価市場も急激に沸き立ったのじゃ。アベノミクスの第一の矢 …

【デイトレを行う上でまずは順張りをやってみるのじゃ!】

投資経験を積み、これからデイトレを行おう、という段階になった時、どういうタイミングで取引をするのか、ということが重要になってくるのじゃ。 特にデイトレは、一見簡単そうに見えて奥深く、初心者が『なんとな …

【アベノミクスと東南アジア】

アベノミクスが与える影響について色々な角度から見てきておるのじゃが、今回は、東南アジア諸国にとってどうなのかということを見てみるのでござる。 昨年12月17日に日経新聞が報じたところによれば、野村証券 …

日経平均上昇で買いたい銘柄を考えるのですわ!

SBI証券では、再び上昇基調にある日経平均を踏まえ、どんな銘柄を買えば良いかを分析しているのですわ。 今回、(1)好決算・出遅れ企業、(2)年末にかけ配当取り妙味のある主力企業、(3)「郵政上場」で注 …

トップへ戻る