stock station

SBI証券が上昇が期待できそうなマザーズ銘柄を紹介していますわ!


SBI証券では、上昇が期待できそうなマザーズ銘柄について紹介していますのよ。
下落が続いていたマザーズ指数が、ようやく底打ちした、とSBI証券では分析していますわ。その背景には、マザーズ指数を算出する上で重要な要素を占める、ミクシィ(2121)がようやく底打ちしてきたから、ということなのですわ。

ミクシィの日足チャートですわ!

ここから分かるとおり、6/24の高値6,670円から、9/14の安値3,615円まで約45.8%の大幅下落となっていましたわ。これが東証マザーズの下げにつながっったのですわ。なお、足元は25日移動平均線も突破して、リバウンド相場に入ったのですわ。
これはミクシィの投資指標なのですわ。

ここからわかるように、極端に売り込まれたのでかなり指標面からは割安な水準に入っていたのですわ。それが反発の要因となったようですわ。

東証マザーズ市場は、基本的には個人投資家の比率が高いマーケットなのですわ。東証マザーズ銘柄に投資する投資家の幅が限られているために、上昇・下落との一方通行的になり、トレンドの出やすい市場であるのが特徴なのですわ。

しかし、ようやく下落相場が終わりリバウンド相場に入ったと考えられるので、目先の上値目標としては、下のチャートの赤丸で示した大きな窓埋め水準である880ポイントをSBI証券では想定しているそうですわ。そして、その水準までの戻りは早いと考えられるそうですのよ。

関連記事

クレディ・スイス証券の投資判断に注目なのじゃ

 クレディ・スイス証券をしっておるかのう?クレディ・スイス証券はスイスにあるユニバーサルバンクの日本における証券・投資銀行業務を展開する会社で、定期的に投資判断を発表しておるのじゃ。  9月16日に投 …

株式市場に見られる2つの傾向なのじゃ!

株式市場において、2つの傾向がみられるのじゃ。 国内での需要が多い株には年初来の高値更新がみられるのに対し、中国との取引が多い企業は伸び悩みを見せておるのじゃ。内需株としてはKDDIや明治ホールディン …

自然災害に注意なのじゃ

 先週末に茨城・宮城で洪水が起こり、多くの人が被害にあったと思えば週が明けて月曜日、今度は阿蘇山が噴火したとの報道で、今年の9月は気が抜けない月となったのじゃ。亡くなった方には心よりお悔やみ申し上げる …

第四回:「投資」と「投機」の中間をするでござる①

「今回からゲストを呼んだでござる。」 「よろしくね。私も株をやってるけどなかなか勝てませんわよね。」 「左様でござるな。前回の話の中で株式に勝つには 「投資」と「投機」の中間をすることを薦めたでござる …

【アベノミクスの問題点を見てみるのじゃ!】

2012年12月に自民党が政権奪取して以来行われてきたアベノミクス。 これにより株価が上昇し、景気が良くなった、という意見があることはすでに紹介したとおりなのじゃ。 とはいえ、株価上昇=景気回復ではな …

トップへ戻る