SBI証券が、郵政グループ3社より割安な銘柄を探っていますわ。


11月4日(水)に郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)が東証1部に新規上場するのを控え、SBI証券では、郵政グループ3社より割安な銘柄を探っていますわ。

というのも、今後の株式市場で、個人投資家に買いの対象として検討される一つの基準として、「郵政グループ3社の様々な投資指標と比較した割安感」がありそうだから、とのことなのですわ。
下表は郵政グループ3社の、主要な投資指標ですわ!

ゆうちょ銀行は半期分の配当なので、年間ベースにすると()内にあるように2倍の利回りになるのですわ。
SBI証券では、郵政グループ3社より割安な銘柄のスクリーニング条件として、郵政グループ3銘柄の中で最も割安な指標を基準として

予想PER 15.7倍以下
PBR 0.47倍以下
予想配当利回り 3.45%以上

でスクリーニングしたそうですのよ。その結果、23銘柄が抽出されたそうですわ。
とはいえ、今季の業績が悪化している企業もこの中には含まれているため、

今期売上高変化率 0%以上
今期経常利益変化率 0%以上

さらに流動性の観点から、

時価総額 70億円以上

を条件に加えてさらに絞ったそうですわ。
その結果がこれなのですわ!

銘柄選びの参考にしてみると良いのですわ。

関連記事

高性能部品のメーカーに注目なのじゃ!

7月22日の日本経済新聞朝刊によると、2015年4月~6月期の国内電子部品メーカーの大手である村田製作所、TDK、京セラ、日本電産、日東電工、アルプスの6社の合計受注総額が1兆3200億円と、前年比1 …

今後の日経平均の方向感を占うのですわ!

SBI証券では、「225の『ココがPOINT!』」で、今後の日経平均の方向感について取り上げていますわ。 前回紹介したとおり、米国経済の好調や中国の株式市場の混乱がいったん収束していることを受けて、日 …

PERの使い方を今一度学ぶのですわ!

今回SBI証券では、米国株であるインテルのPERを例にPERのチェック方法を紹介していますわ。 インテルの株価が割安かどうかをPERを見て判断するのですが、その際にS&P500指数のPERとの比較をす …

東洋ゴム工業の株価が値下がりしたのじゃ

東洋ゴム工業の株価が大幅に値下がりしたのじゃ。2015年3月に免震ゴムの性能偽装問題が発覚し、交換作業などの費用としておよそ140億円を計上していたのじゃが、8月6日に交換費用などで追加損失100億円 …

【株価の急落は結構な頻度であるのじゃ!】

わらわが株取引をやっていて思うのは、暴騰よりも暴落のインパクトは強い、ということなのじゃ。 もちろん、暴騰もインパクトは強いのじゃ。突如として上がったということで、市場参加者からの注目も集まり、人気銘 …

トップへ戻る