SBI証券が、郵政グループ3社より割安な銘柄を探っていますわ。


11月4日(水)に郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)が東証1部に新規上場するのを控え、SBI証券では、郵政グループ3社より割安な銘柄を探っていますわ。

というのも、今後の株式市場で、個人投資家に買いの対象として検討される一つの基準として、「郵政グループ3社の様々な投資指標と比較した割安感」がありそうだから、とのことなのですわ。
下表は郵政グループ3社の、主要な投資指標ですわ!

ゆうちょ銀行は半期分の配当なので、年間ベースにすると()内にあるように2倍の利回りになるのですわ。
SBI証券では、郵政グループ3社より割安な銘柄のスクリーニング条件として、郵政グループ3銘柄の中で最も割安な指標を基準として

予想PER 15.7倍以下
PBR 0.47倍以下
予想配当利回り 3.45%以上

でスクリーニングしたそうですのよ。その結果、23銘柄が抽出されたそうですわ。
とはいえ、今季の業績が悪化している企業もこの中には含まれているため、

今期売上高変化率 0%以上
今期経常利益変化率 0%以上

さらに流動性の観点から、

時価総額 70億円以上

を条件に加えてさらに絞ったそうですわ。
その結果がこれなのですわ!

銘柄選びの参考にしてみると良いのですわ。

関連記事

日銀が買いを増やす銘柄に注目ですわ。

12/18(金)に日銀金融政策決定会合があり、現在の金融緩和策を補完する新たな制度の導入を決めました。日銀は、金融政策決定会合で、大規模な金融緩和策を補完するため、設備投資や人材投資に積極的な企業の株 …

【現状、アベノミクスでどのような影響があったのじゃろうか?】

前回も書いたとおり、法人企業景気予測調査によれば、アベノミクスによって、企業の設備投資が大企業の優先順位のトップに来たそうなのじゃ。 企業の設備投資への意欲が増えることで、雇用にも影響が出てくるのじゃ …

【デイトレを行う上でまずは順張りをやってみるのじゃ!】

投資経験を積み、これからデイトレを行おう、という段階になった時、どういうタイミングで取引をするのか、ということが重要になってくるのじゃ。 特にデイトレは、一見簡単そうに見えて奥深く、初心者が『なんとな …

アジア通貨危機後のインドネシアについて見てみるのですわ(ギリシャ問題とユーロその4)

現在世界が注目しているギリシャの動向ですが、ギリシャが抱える最大の問題は通貨発行権がない、ということですわ。このことが、一連のギリシャの経済問題の解決を妨げる最大の要因となっていますのよ。 我が国は当 …

不動産株が値上がり傾向なのじゃ

三井不動産(8801)が3か月ぶりに年初来高値を更新したのじゃ。それだけではなく、同業の三菱地所(8802)や住友不動産(8830)などの値上がりも目立つのじゃ。これらは出遅れ銘柄として物色されている …

トップへ戻る