SBI証券が、郵政グループ3社より割安な銘柄を探っていますわ。


11月4日(水)に郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)が東証1部に新規上場するのを控え、SBI証券では、郵政グループ3社より割安な銘柄を探っていますわ。

というのも、今後の株式市場で、個人投資家に買いの対象として検討される一つの基準として、「郵政グループ3社の様々な投資指標と比較した割安感」がありそうだから、とのことなのですわ。
下表は郵政グループ3社の、主要な投資指標ですわ!

ゆうちょ銀行は半期分の配当なので、年間ベースにすると()内にあるように2倍の利回りになるのですわ。
SBI証券では、郵政グループ3社より割安な銘柄のスクリーニング条件として、郵政グループ3銘柄の中で最も割安な指標を基準として

予想PER 15.7倍以下
PBR 0.47倍以下
予想配当利回り 3.45%以上

でスクリーニングしたそうですのよ。その結果、23銘柄が抽出されたそうですわ。
とはいえ、今季の業績が悪化している企業もこの中には含まれているため、

今期売上高変化率 0%以上
今期経常利益変化率 0%以上

さらに流動性の観点から、

時価総額 70億円以上

を条件に加えてさらに絞ったそうですわ。
その結果がこれなのですわ!

銘柄選びの参考にしてみると良いのですわ。

関連記事

波乱の株式市場の原因を探るのですわ!

SBI証券では、「波乱が続く株式市場~反発のタイミングはココ!? 」という記事を掲載しているのですわ! 日経平均株価は大きく上下しており波乱の動きとなっているのですわ。12/1(火)に20,012円と …

【アベノミクスと東南アジア】

アベノミクスが与える影響について色々な角度から見てきておるのじゃが、今回は、東南アジア諸国にとってどうなのかということを見てみるのでござる。 昨年12月17日に日経新聞が報じたところによれば、野村証券 …

日経平均株価「20,000円~21,000円」の局面で取るべき戦略を探るのですわ!

SBI証券では「日経平均株価「20,000円~21,000円」の局面で取るべき戦略を探る!」というタイトルで、レポートを掲載しているのですわ! 日経平均株価は9/29の16,901円を当面のボトムとし …

電機メーカーの先行きに不安があるのじゃ

 電機メーカーの業績は明暗が分かれ、事業再編がうまくいった企業はおおよそ増益となっておるのじゃ。  東芝(6502)が不適切会計で紙面をにぎわせていたのは記憶に新しいのじゃが、現在はその調査の影響もあ …

【アベノミクスによる中国経済の影響】

アベノミクス開始後、円は急速に下がり続けるのに並行して、中国の鉄道貨物輸送量が急激に落ち込む傾向が顕著になっているのじゃ。なぜ円安・人民元高と中国景気不調共振するのかを今回は見てみるのじゃ! 人民元は …

トップへ戻る