stock station

SBI証券が、郵政グループ3社より割安な銘柄を探っていますわ。


11月4日(水)に郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)が東証1部に新規上場するのを控え、SBI証券では、郵政グループ3社より割安な銘柄を探っていますわ。

というのも、今後の株式市場で、個人投資家に買いの対象として検討される一つの基準として、「郵政グループ3社の様々な投資指標と比較した割安感」がありそうだから、とのことなのですわ。
下表は郵政グループ3社の、主要な投資指標ですわ!

ゆうちょ銀行は半期分の配当なので、年間ベースにすると()内にあるように2倍の利回りになるのですわ。
SBI証券では、郵政グループ3社より割安な銘柄のスクリーニング条件として、郵政グループ3銘柄の中で最も割安な指標を基準として

予想PER 15.7倍以下
PBR 0.47倍以下
予想配当利回り 3.45%以上

でスクリーニングしたそうですのよ。その結果、23銘柄が抽出されたそうですわ。
とはいえ、今季の業績が悪化している企業もこの中には含まれているため、

今期売上高変化率 0%以上
今期経常利益変化率 0%以上

さらに流動性の観点から、

時価総額 70億円以上

を条件に加えてさらに絞ったそうですわ。
その結果がこれなのですわ!

銘柄選びの参考にしてみると良いのですわ。

関連記事

SBI証券のレポートで、海外投資家の動向を探るのですわ!

SBI証券では、海外投資家の日本株売りが続くのか?というテーマのレポートを掲載していますわ! 前回紹介したとおり、海外投資家の傾向として、日本株を含めた世界各国への株式への投資割合を変更したりすると、 …

予想配当利回りが高い銘柄への投資ポイントを探るのですわ!

SBI証券では、『日銀が緩和「補完」!後の物色は?ラストチャンス!?の「12月決算」銘柄に期待』という記事を掲載しているのですわ! 今回紹介するのは、『リスクはあるものの予想配当利回りがより高い銘柄の …

【量的緩和でどうなったのじゃ?】

前回書いたとおり、金融緩和によってお金の流通量が増え、実質金利が低下し、それにより円安ドル高、株高がとなったのじゃ。株や為替といった資産市場が実質金利の変化に対し、最も敏感に反応するのじゃぞ。 安倍政 …

【デイトレのメリットとデメリットは何じゃ?】

前回はデイトレを始めるための最低限の準備について書いたのじゃ。 今回は、デイトレのメリットとデメリットについて見てみるのじゃ。 デイトレのメリットは、億万長者のデイトレーダーに代表されるように、効率的 …

GDPがマイナスでも日経平均が大幅安にならないのは何故?

SBI証券では、「GDPマイナスだが日経平均が大幅安にならない要因は?」というテーマでレポートを掲載していますわ。 今週月曜日に発表されたGDPは2四半期連続のマイナスとなるのですわ。2014年4月~ …

トップへ戻る