stock station

NY市場の動きから波乱含みの日経平均の動きを分析するのですわ!


SBI証券では、「波乱が続く株式市場~反発のタイミングはココ!? 」という記事を掲載しているのですわ!

前回書いた通り、日経平均は2万円台に突入したかと思ったら、18,000円台まで下がるなど、波乱の様相となっていますわ。

ご存知の通り、米国時間12/16(水)まで開催されていたFOMC(米連邦公開市場委員会)では、9年半ぶりの利上げが発表されましたわ。また、今後の政策金利の引き上げについて、FOMCメンバーの見方を平均すると「四半期に1回0.25%ずつ利上げされ、2016年・年間では計1%利上げされる」との見通しが示唆されましたのよ。これらは、市場関係者に何ら意外感を持たせる内容ではなく、むしろ「重要イベントが無事通過」と捉えられ、12/16のNYダウは上昇しましたわ。結局、12/14~12/16のNYダウは3営業日続伸で計483ドルの上昇となりましたのよ。

しかし、原油価格が下げ止まらなかったことに加え、ヘッジファンドの換金売りが続いたこともあり、12/17(木)のNYダウは反落に転じたのですわ。その流れを引き継いだ12/18(金)の日経平均は、日銀金融政策決定会合の結果が「ETF買取り3,000億円追加」を第一報に伝えられたこともあり、短期的かつ急速な先物買いを招き入れる結果となりましたのよ。日経平均株価は後場の12時50分に付けた19,312円を安値に、12時55分には19,869円(前日比515円高)まで急騰しましたが、日銀の政策が補完的なものにとどまるという事実が浸透するにつれて値を消し、大引けでは18,986円(前日比367円安)とマイナス圏に沈んでしまいましたわ。
このように、日経平均株価はNY株安の余波にゆさぶられる形で続落となっていますのよ。

ちなみに、12/18(金)における米国市場の先物・オプション最終売買日は、4種類の最終売買日が重なることからクアドルプル・ウィッチング(Quadruple Witching=「4人の魔女」)と言われ、要注意日と言われていますわ。12/18のNY市場の波乱はまさに「4人の魔女」により助長された格好ですが、日米の株式市場を全体でみれば、前回紹介した(1)~(4)という「4人の魔女」にかく乱され、波乱となったと言えるかもしれない、とSBI証券では分析していますわ。

また次回もこの話題を取り上げますわ。

関連記事

ユーロの勝ち組(ギリシャ問題とユーロその10)

前回書いたとおり、EUでは加盟国内での差の是正ができず、ユーロを使用している地域での税収の再配分が行われることはありませんわ。というのも、同一通貨を使用しているとはいえ、国が違うために税収の再配分が行 …

【空売りで相場を攻略するのじゃ!】

今まで、わらわは株は安く買って高く売れるように、トレードをしておったぞ。これから値上がりしそうな将来性のある株、大化け株など、短期的・中長期的に上がる銘柄を日々探しておったのじゃ。買った株が上がったり …

SBI証券が上昇が期待できそうなマザーズ銘柄を紹介していますわ!

SBI証券では、上昇が期待できそうなマザーズ銘柄について紹介していますのよ。 下落が続いていたマザーズ指数が、ようやく底打ちした、とSBI証券では分析していますわ。その背景には、マザーズ指数を算出する …

日経平均が続落しておるぞ!

日経平均株価が7月27日に続落し、前週末比194円43銭安の2万350円10銭となったのじゃ。 これまではじわじわと上がっており、7月22日には2万600円台じゃったが、米株式相場の大幅な下落や中国・ …

【アベノミクスの課題を考えるのじゃ!】

以前も紹介したとおり、アベノミクスで日銀は量的緩和政策を採っておるのじゃ。 量的緩和を行うために国債を買うわけじゃが、この時点ではインフレ率が変動するわけではないのじゃ。 インフレ率とは、生産者が働き …

トップへ戻る