GDPがマイナスでも日経平均が大幅安にならないのは何故?

Pocket

SBI証券では、「GDPマイナスだが日経平均が大幅安にならない要因は?」というテーマでレポートを掲載していますわ。

今週月曜日に発表されたGDPは2四半期連続のマイナスとなるのですわ。2014年4月~6月期、7月~9月期もマイナス成長で、2015年は、前回(2015年4月~6月)も今回(2015年7月~9月)もマイナス成長なのですわ。二期連続のマイナス成長はリセッション(景気後退)を意味するのですわ。なお、今年の4月~6月期、7月~9月期の民間企業の設備投資は二期連続で対前期比割れなのですわ。

そんな中、日経平均は大幅安とはなっていないのですわ。フランスのテロの影響を受けたものの、GDPマイナスが株式市場に与えた影響は軽微となっていますわ。そのことについて、SBI証券では、日経225先物の動向と共に紹介していますわ。

日経225先物はモルガンやドイツ証券などの買いが目立っていますわ。また、TOPIX先物もモルガンが大幅な買い越しをしているのですわ。SBI証券では、「週末のSQがゴールとみられていたが、13日もモルガンは225先物、TOPIX先物をともに買い越している。12月限SQまで上を意識した動きが続くとの見方もできよう。 」と予想しているのですわ。

また、GDPがマイナス成長だったことで、補正予算の規模拡大など政策への期待感が高まっていることも、指数の下支えとなっている、とSBI証券では分析していますわ。さらに、2四半期連続のGDPマイナスを受け、追加の金融緩和を期待する動きが高まるのでは、と予想していますわ。
こうした政策などへの期待感が、日本株の下支え要因となる、とSBI証券では分析していますのよ。

関連記事

【スキャルピングとは何なのじゃ?】

デイトレは、一日の中で何度も取引していき、翌日までポジションを持ちこさないのが特徴である、という話をしたのじゃが、このデイトレの一種に、スキャルピングという手法があるのじゃ。 このスキャルピングは、数 …

今後に期待できそうな12月決算銘柄に注目ですわ

SBI証券では、『日銀が緩和「補完」!後の物色は?ラストチャンス!?の「12月決算」銘柄に期待』という記事を掲載しているのですわ! 今回紹介するのは、業績見通しが好転し、予想配当利回りもある程度確保が …

コンビニの医薬品販売に変化なのじゃ

大手コンビニエンスストアのファミリーマート(8028)が、ファーマライズホールディングス(2796)とヒグチ産業の2社と合弁会社を設立すると発表したのじゃ。  ファミリーマートはこれまでもソフトバンク …

郵政3社上場に伴う、相場動向を見てみるのですわ!

11月4日(水)に郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)が東証1部に新規上場しますわ。 そのことについて、SBI証券では、前後の相場展開を予想していますのよ。 日本経済新聞の報道では、 …

第四回:「投資」と「投機」の中間をするでござる①

「今回からゲストを呼んだでござる。」 「よろしくね。私も株をやってるけどなかなか勝てませんわよね。」 「左様でござるな。前回の話の中で株式に勝つには 「投資」と「投機」の中間をすることを薦めたでござる …

トップへ戻る