stock station

12月に注目したい銘柄はどんな銘柄なのか見てみるのですわ!


SBI証券では、『日銀が緩和「補完」!後の物色は?ラストチャンス!?の「12月決算」銘柄に期待』という記事を掲載しているのですわ!

今年の師走相場は、株価が予想外の波乱となりましたわ。日経平均株価は12/1に2万円大台を回復したものの、12/15には一時18,562円まで約7%の下げとなったのですわ。しかし、2015年の一大イベントであった「米政策金利の引き上げ」が12/17(日本時間・早朝)に決まり、株価はようやく落ち着きを取り戻しましたわ。12/18には日本銀行が「『量的・質的緩和』を補完するための諸措置の導入」を発表し、一時株価が急騰し、その後は値を消すなど、激しい動きをみせていますのよ。

この状況を受けSBI証券では、『こうした中、物色対象銘柄の選定は意外に難しいと考えられます。』としていますわ。なぜならば、米国の利上げ決定以後、円安の動きが明確になったとか、原油価格が下げ止まったとか、あるいは中国経済の底入れが明確になったなど、外部環境のトレンドが明確になっていないためなのですわ。日銀の緩和「補完」も市場の反応をみる限りでは、設備投資関連株に下支え効果が期待される他は、新たなトレンドを作るほどのインパクトには乏しそう、とSBI証券では分析していますわ。

ということは、輸出株を買うべきか、内需株を買うべきかを含め、東京株式市場でも物色の方向感を定めにくいということになりますわ。無論、相場の戻り局面では「リターン・リバーサル」が中心となりやすいので、相場の下落局面で大きく下げた銘柄を買うという戦略はありますが、日経平均株価は12/15の18,562円を底に、すでにある程度戻ってしまっていますわ。これから、リターン・リバーサルを狙うのでは、投資タイミングとして少し遅いように思われる、とSBI証券では指摘していますのよ。

そこで今回の「日本株投資戦略」では、残り少ない12月相場で、「掉尾の一振」も期待できるような「12月決算銘柄」(そのほとんどの権利付最終日は12/25)から銘柄をピックアップしたそうですわ。日経平均株価が12/1の戻り高値から下げた位置にある現状で、本来であれば大きく上昇していても不思議でない「12月決算銘柄」の多くも、株価の頭が押さえられた格好になっていると考えられますのよ。その意味で、値ごろ感も大きいと思われる、としていますわ。

次回もこのことについて、紹介するのですわ!

関連記事

海外投資家の今後の方向性を、SBI証券のレポートで探るのですわ!

SBI証券では、海外投資家による日本株売りが今後続くのか?というテーマでレポートを掲載していますわ。 昨日紹介したとおり、海外投資家は前月のTOPIXの変化率と米国株の荒れ具合の動向に影響を受けている …

ギリシャショック後のギリシャの経済状況はどうだったのかしら?(ギリシャ問題とユーロその6)

前回書いたとおり、経済危機後のギリシャは、EUとIMFによる財政再建要求を呑み、公務員改革、年金改革を実施したのですわ。それにより、2013年にはプライマリー予算の黒字化に成功するなど、一時期よりマシ …

第十七回:PBRって何でござるか?

「前回は企業の割安性を判断する指標として「PER=株価/一株当たりの利益」を紹介したでござる。でもPERは万能でないことも説明したでござる。何か質問はあるでござるか?」 「万能じゃないって事はそんなに …

第五回:「投資」と「投機」の中間をするでござる②

「前回は「分散」について説明したでござる。 具体的な「分散」とは買う時間、買う銘柄、株式を買う国 投資商品全てでござるな。」 「私みたいに1つの銘柄に全財産を投入するのは駄目でございますわね。」 「左 …

郵政グループ3社の今後の株価に注目なのですわ!

SBI証券では、「郵政グループ3社の今後は!?郵政グループ3社の次に買われそうな銘柄はコレ!? 」というレポートを掲載しているのですわ。 昨日も書いたとおり、今回の郵政グループ3社の上場では、株式投資 …

トップへ戻る