stock station

NISAが定着してきたのじゃ


NISA(少額投資非課税制度)を使った投資が、しっかり定着している様なのじゃ。主要証券会社10社を経由した2014年の年間購入合計額が1兆4189億円だったのじゃが、2015年1月~6月の株式・投資信託の購入合計額は1兆48億円と、すでに昨年1年間の合計額の7割にあたる売り上げとなったのじゃ。制度を開始してから、半期で1兆円を超えたのは初めてなのじゃ。

 ちなみに主要10社経由の投資は、全体のNISA投資の半分弱を占めておるのじゃ。

 口座数も全体で444万口座となり、1年間で80万口座増えたのじゃ。そのうち実際に投資をしたのは約半分の231万口座だそうじゃ。

 金融庁によると、株式相場が上昇傾向じゃったのを追い風に個人投資家のNISA投資は昨年1年で3459億円の利益を得たそうじゃ。株式総額で割ったリターンは12%に達しておるそうなのじゃ。

 最近は50歳未満の若年層のNISA利用比率が上昇傾向にあるそうじゃが、全体でみるとまだ3割弱しかいないようなのじゃ。今後も証券各社は新規投資家の獲得を狙っていろんなキャンペーンを行うと思われるのじゃ。

関連記事

海外投資家の今後の方向性を、SBI証券のレポートで探るのですわ!

SBI証券では、海外投資家による日本株売りが今後続くのか?というテーマでレポートを掲載していますわ。 昨日紹介したとおり、海外投資家は前月のTOPIXの変化率と米国株の荒れ具合の動向に影響を受けている …

【アメリカから見たら日本株市場】

アメリカの投資家は海の向こうの日本で起きていることをどう見ているのか? という点について、今回は論じたいと思うのじゃ。 アメリカの投資家が投資信託に組み込んでいる株式の比率は44%程度じゃ。後はマネー …

海運業の株価が下がっているのじゃ

 8月25日、海運業の大手3社の株価が年初来の安値となったのじゃ。日本郵船(9101)の株価は15円下落でマイナス4.5%、商船三井(9104)は16円下落でマイナス4.5%、川崎汽船は9円下落でマイ …

SBI証券の、曜日アノマリーに注目ですわ!

SBI証券では「日本株の曜日効果を検証する!」というレポートを掲載していますわ。 前回書いたとおり、日本株には月曜日に安くなる、というアノマリーがあるのですわ。 月曜日の騰落率が統計的にマイナスになり …

第四回:「投資」と「投機」の中間をするでござる①

「今回からゲストを呼んだでござる。」 「よろしくね。私も株をやってるけどなかなか勝てませんわよね。」 「左様でござるな。前回の話の中で株式に勝つには 「投資」と「投機」の中間をすることを薦めたでござる …

トップへ戻る