NISAが定着してきたのじゃ

Pocket

NISA(少額投資非課税制度)を使った投資が、しっかり定着している様なのじゃ。主要証券会社10社を経由した2014年の年間購入合計額が1兆4189億円だったのじゃが、2015年1月~6月の株式・投資信託の購入合計額は1兆48億円と、すでに昨年1年間の合計額の7割にあたる売り上げとなったのじゃ。制度を開始してから、半期で1兆円を超えたのは初めてなのじゃ。

 ちなみに主要10社経由の投資は、全体のNISA投資の半分弱を占めておるのじゃ。

 口座数も全体で444万口座となり、1年間で80万口座増えたのじゃ。そのうち実際に投資をしたのは約半分の231万口座だそうじゃ。

 金融庁によると、株式相場が上昇傾向じゃったのを追い風に個人投資家のNISA投資は昨年1年で3459億円の利益を得たそうじゃ。株式総額で割ったリターンは12%に達しておるそうなのじゃ。

 最近は50歳未満の若年層のNISA利用比率が上昇傾向にあるそうじゃが、全体でみるとまだ3割弱しかいないようなのじゃ。今後も証券各社は新規投資家の獲得を狙っていろんなキャンペーンを行うと思われるのじゃ。

関連記事

「サムスンショック」が再び起こりそうなのじゃ。

 韓国サムスン電子から発売されている新型スマートフォン「ギャラクシーS6」は発売当初は順調に売れたが、その後すぐに事前の想定受注量に満たなくなってしまったのじゃ。  実は前機種の「ギャラクシーS5」も …

鉄鋼業が不調なのじゃ

 鉄鋼製品は産業には欠かせず、家電や自動車、道路に橋と多くのものに使われておる。そんな鉄鋼業じゃが、最近はアジア諸国での鉄鋼生産が急成長したことや円高により製造業の拠点が海外に移動したことで生産量が伸 …

最高益更新銘柄を探るのですわ。

SBI証券では、最高益更新銘柄について取り上げているのですわ。 日経平均株価が12/1に2万円の大台を回復してから一進一退ですわ。 それでも2万円台が見えてきたことは、中国株が落ち着いてきたことや、米 …

年後半の日本株の動きに注目なのですわ。

SBI証券では、週刊日本株式アウトルックで、「年後半最大のヤマ場へ、米中欧のイベントを波乱なく通過できるか? 」というテーマのレポートを掲載しているのですわ。 米債券市場や為替市場の動向もポイントにな …

欧州債務危機後のギリシャ(ギリシャ問題とユーロその12)

EUは統一通貨ユーロを使用した統一経済圏なのにも関わらず、勝ち組と負け組に別れてしまっています。欧州債務危機後、ギリシャは経済危機直後の最悪の状態を一時的に抜け出したものの、2008年にピークだったG …

トップへ戻る