米国の利上げで今後の市場の動きに注目なのですわ!

Pocket

SBI証券では『FOMCで利上げ!株価上昇!ただし残された課題がポイント』というレポートを掲載していますわ。

米国の中央銀行に当たるFRB(米連邦準備制度理事会)は、日本時間の12/17(木)まで開催されていたFOMC(米連邦公開市場委員会)で、政策金利であるFF金利の誘導目標を現在の0.00~0.25%から0.25~0.50%に引き上げることを決定しましたわ。2006/9/29(金)以来9年半ぶりの利上げでしたわ。前々から予想されていただけあって、市場は今回の利上げを時期の面でも、利上げ幅の面でも織り込み済みで、その面ではサプライズはありませんでしたのよ。

今回のFOMCとその前後の市場の動きについて、注目される点をSBI証券は紹介していますわ。

(1)2016年の利上げペースについては、四半期に0.25%ずつ年4回程度の利上げ(従来見通し通り)が改めて示唆された。
(2)NY株は続伸となり、株式市場はFOMCの結果を歓迎した形になった。ただし、「下落後のリバウンド相場」の範囲内にとどまるっている。
(3)外為市場ではドルが上昇したものの、株式市場同様「下落後のリバウンド局面」とみられる。
(4)原油相場は依然軟調で、水準的には「底割れ」も懸念される状態が続いている。

すなわち、FOMCを経過し、市場の過度なリスク回避姿勢が後退したことが、株価反発の主因とみられる、とSBI証券では分析していますのよ。18日(金)の米先物・オプション最終売買日が過ぎ、さらにリスク選好姿勢が強まるとみられ、株価は今後も当面は反発力を試す展開になりそうですわ。
日経平均株価についても、短期的には25日移動平均の回復がメドとみられますのよ。ただし、何か新しいトレンドが出た訳ではないことに注意が必要、とSBI証券では指摘していますわ。今後の為替市場や原油価格の動きには、引き続き「注視すること」が必要とみられますのよ。

関連記事

日銀が買いを増やす銘柄について、指数ごとのETF時価総額を見てみるのですわ!

12/18(金)の金融政策決定会合で、日銀は大規模な金融緩和策を補完するため、設備投資や人材投資に積極的な企業の株式が含まれるETFを年間およそ3,000億円買い入れる新たな枠の設置を決めたのですわ。 …

売上高営業利益率とは何なのじゃ?(ファンダメンタル1)

株式投資をする際、トレーダーの多くが株価のチャートを見ると思うのじゃ。 チャートを見て取引するのは非常に重要で、売買のタイミングを計るのには必要なことなのじゃぞ!チャートからトレードの判断をすることを …

12月に注目したい銘柄はどんな銘柄なのか見てみるのですわ!

SBI証券では、『日銀が緩和「補完」!後の物色は?ラストチャンス!?の「12月決算」銘柄に期待』という記事を掲載しているのですわ! 今年の師走相場は、株価が予想外の波乱となりましたわ。日経平均株価は1 …

スマートフォン向けの求人広告が人気なのじゃ

 かつてはハローワークやフリーペーパーで求人を見ていたものじゃが、最近はスマートフォンで探す場合が多いようじゃ。そんな需要に応えて、スマートフォン向けの求人広告を扱う会社も増え、業績も伸びているようじ …

第二回:ゼロサムゲームって何でござるか?

皆さんお待ち申しておりました。 第二回の今回は「投機」と「投資」についてもう少し詳しく説明するでござる。 前回短期間の株式売買を行うものを「投機」と呼ぶと説明したでござる。 しかし別の切り口で説明する …

トップへ戻る