第四回:「投資」と「投機」の中間をするでござる③

Pocket


「前回は


①目標を決めること
②必要な利回りを計算すること
③利回りを確保できる投資商品の組合せを選ぶ


の大切さを教えたでござる。
特に①の目標を決めることは大切でござるよ。
目標とはいくらの金額(元本)を何年間でいくらにしたいか決めることでござる。
次に②でござる。実際目標金額が決まったら投資利回りを考えるでござる。

MORNING STAR社が提供している
金融電卓を使えば簡単に計算することができるでござる。
勘違いしてもらっては困るのは
数年間で資金を2~10倍にしたいと考えることでござる。
これは利回りで考えると実現不可能でござるよ。
つまり「投資」では達成不可ということでござる。
「投資」はコンスタントに3~20%程度の利回りを狙うものでござる。
だからそれ以上に利回りが必要なものは「投資」でなく
「投機(=ギャンブル)」に掛けるしかないのでござる。
初心者が陥り易いのは、株式市場で成功すれば資産を直ぐに
何倍にも増やせると勘違いしている点でござるよ。


「私の事のようですわね…。」


「拙者は「投資」を推しているからこう述べるのであって
「投機」でも構わない場合は個人の責任の範囲で実践するには問題ないでござる。
書店などに行くと短期間で大金持ちになったと謳う本が
たくさん並んでいるでござるが、「投機 (=ギャンブル)」に参加する人数が多ければ
そのうちの少数は大勝ちしても不思議ではないのでござる。
但し、少数の大勝ちの下にはそれより何万倍の大負けした人がいるのを
忘れてはいけないでござる。これがギャンブルというもでござる。」

「厳しいですわね…」

「拙者も実は昔、「投機」をしていたのでござる。
そして大負けしたでござる。その反省からの助言でござるよ。
さて話が発散したから少しづつ戻していくでござる。
次に③利回りを確保できる投資商品を選ぶことでござるが
これは株式だけでなく他の投資商品も合わせて検討した方が良いということでござる。
例えば、株式に加えて債権や不動産などにも投資することでござるな。
③についても長くなるので、また次回に説明するでござる。」

関連記事

ユーロはどんなものなのかしら?(ギリシャ問題とユーロその8)

ギリシャは財政を立て直そうにも、どん詰まりの状態にありますのよ。その原因は、統一通貨であるユーロにある、ということはすでに書いたとおりですわ。 例えば我が国にしろ、アメリカにしろ一国一通貨を採っていま …

SBI証券の海外投資家の動向のレポートに注目なのですわ!

SBI証券では、海外投資家の日本株売りが続くのか?というテーマでレポートを掲載していますわ。 2005年1月から2015年9月の間、海外投資家の日本株売買動向が、前月の相場動向に影響を受けているかどう …

第二十一回:トヨタ株でIR財務資料を確認するでござる

「前回までで割安性を判断する指標としてPER, PBRを紹介したでござる。そして更なるスクリーニングとしてキャッスフロー(CF)の説明をしたでござる。後半の部分は少し説明を省いたので今回はその補習から …

NY市場の動きから波乱含みの日経平均の動きを分析するのですわ!

SBI証券では、「波乱が続く株式市場~反発のタイミングはココ!? 」という記事を掲載しているのですわ! 前回書いた通り、日経平均は2万円台に突入したかと思ったら、18,000円台まで下がるなど、波乱の …

ギリシャショック後のギリシャの経済状況はどうだったのかしら?(ギリシャ問題とユーロその6)

前回書いたとおり、経済危機後のギリシャは、EUとIMFによる財政再建要求を呑み、公務員改革、年金改革を実施したのですわ。それにより、2013年にはプライマリー予算の黒字化に成功するなど、一時期よりマシ …

トップへ戻る