第十五回:纏めでござる

Pocket

「これまでの回①銘柄の分散(パッシブタイプの投資信託やETFの利用)、②投資国の分散、③商品の分散、④時間の分散を教えたでござる。特に前回はドルコスト平均法について触れて負けにくい「投資」について説明したでござる。更に個別銘柄も投資対象とすればリスクも上がるがリターンも大きく出来るでござる。その際に「損切り」が重要である事を説明したでござる。何か質問はあるでござるか?」
「特にないわ。問題は個別株の選定よね。」
「左様でござるな。個別株については後で株プリンスの所に行くでござるよ。そうすれば個別株についてもだんだん分かってくるでござる。そしてこれまで説明した方法が「投資」と「投機」の中間の手法になるのでござるよ。短期的な売買に走る「投機」でもなく、自分が信じた銘柄を持ち続ける「投資」でもなく、「投資的なスタイルで損きりの要素」を入れた方法がベストでござるよ。」
「なるほど。極めて「投資」に近いけど「損切り」と言う要因を加えた方法でリスクをコントロールするわけね。」
「左様でござるよ。」

「拙者からの説明は以上になるでござる。唯、くの一殿が申されたように何を持って個別銘柄を選ぶかが重要なポイントでござるな。これについてもう少し補足するでござる。」
「そうね①~④だけの方法なら必要ないけど、個別銘柄を考える場合には何らかの尺度が必要になるわよね。」
「左様でござる。これは1点の観点のみで十分でござる。基本的な株式指数としては2つなので是非知っておいて損はないでござるよ。その2点とはPERとPBRでござる。これは長くなるので次回以降に説明するでござる。」

関連記事

【デイトレのメリットとデメリットは何じゃ?】

前回はデイトレを始めるための最低限の準備について書いたのじゃ。 今回は、デイトレのメリットとデメリットについて見てみるのじゃ。 デイトレのメリットは、億万長者のデイトレーダーに代表されるように、効率的 …

第二十一回:トヨタ株でIR財務資料を確認するでござる

「前回までで割安性を判断する指標としてPER, PBRを紹介したでござる。そして更なるスクリーニングとしてキャッスフロー(CF)の説明をしたでござる。後半の部分は少し説明を省いたので今回はその補習から …

スーパーに転機なのじゃ

 時代も変われば在り様も変わるのじゃなぁ。かつて総合スーパーが登場し、その便利さから多くの人が買い物に訪れたのじゃ。その後、形を少しずつ変えながら増えていった総合スーパーは、消費の多様化によって淘汰さ …

日銀が買いを増やす銘柄に注目ですわ。

12/18(金)に日銀金融政策決定会合があり、現在の金融緩和策を補完する新たな制度の導入を決めました。日銀は、金融政策決定会合で、大規模な金融緩和策を補完するため、設備投資や人材投資に積極的な企業の株 …

この本を読んで学んで、お金が貯まる方法なのじゃ!

いざ。お金を貯めよう!!と思った時に 自分一人では何から始めたら良いのか解らないことが多いのではないだろうか…。 悩んだら一人で考え込んでてもお金が貯まるものではないので まずは 誰かの真似をしてみた …

トップへ戻る