第八回:「投資」と「投機」の中間をするでござる⑤

Pocket


「前回は
③利回りを確保できる投資商品の組合せを選ぶこと
の大切さを教えたでござる。
分散の効果を一番享受できるインデックス投資信託について説明したでござる。
その中でくアクティブ投資信託とパッシブ投資信託について説明したでござる。」

「うんうん、積極的に利益を狙いに行くアクティブ投資信託と日経平均株価やTOPIXなどの指数との連動を目指すファンドがパッシブ投資信託というんでしょ。」

「左様でござる。
基本的にパッシブ投資信託=インデックス投資信託と考えてもらえば良いでござるよ。
インデックス投資信託の利点は市場全体を購入することであるでござる。
つまり市場自体が成長していれば基本的には負けないのでござる。
あくまで「投資」の場合のみでござるが。」


「そして「投資」をする上で大切なことは「投資」以外の余分なお金が取られないようにすることでござる。
投資信託は
①買うとき
②保有するとき
③売るとき
にそれぞれお金がかかるでござるよ。
それを考慮するとインデックス投資信託は①~③のお金がもっとも少なく済むのでござる。
纏めるとインデックス投資信託は市場全体に投資できて、且つ掛かるお金も抑えることが出来る優れものでござるよ。」

「なる程ね。」

「更にインデックス投資信託に慣れてきたら、インデックス投資信託と同じように市場に連動するETFという上場株式があるでござる。
この中の日経平均連動型やTOPIX連動型ETFはインデックス投資信託とほぼ同じでござるな。
ただ違いは、より①~③のお金が少なくできるのでござる。これを自分の購入銘柄に組めば分散投資に一歩前進でござるよ。」

「他に違いはないの?」

「ETFは利点は多いけれども購入単価が高いことが難点でござるな。一方、投資信託は千円程度から買えてハードルが非常に低いでござるな。
拙者もETFを買っているでござるよ。次回はさらに詳しく話すでござるよ。」

関連記事

SBI証券の、曜日アノマリーに注目ですわ!

SBI証券では「日本株の曜日効果を検証する!」というレポートを掲載していますわ。 前回書いたとおり、日本株には月曜日に安くなる、というアノマリーがあるのですわ。 月曜日の騰落率が統計的にマイナスになり …

【アベノミクスの金融政策を確認してみるのじゃ!】

これまでアベノミクスの効果について色々と見てみたのじゃが、その中でも一番の要となっているのが、金融政策なのじゃぞ。 安倍首相も言っていたとおり、デフレからの脱却がまず第一の目的なのじゃ。 このデフレか …

ヤフーとアスクルが連結したのじゃ

8月27日、ヤフー(4689)がアスクル(2678)を連結子会社化すると発表したのじゃ。それにより、2016年3月期連結決算では利益596億円が計上されるとみられるのじゃ。それに伴い28日の株価はヤフ …

東洋ゴム工業の株価が値下がりしたのじゃ

東洋ゴム工業の株価が大幅に値下がりしたのじゃ。2015年3月に免震ゴムの性能偽装問題が発覚し、交換作業などの費用としておよそ140億円を計上していたのじゃが、8月6日に交換費用などで追加損失100億円 …

日銀が買いを増やす銘柄に注目ですわ。

12/18(金)に日銀金融政策決定会合があり、現在の金融緩和策を補完する新たな制度の導入を決めました。日銀は、金融政策決定会合で、大規模な金融緩和策を補完するため、設備投資や人材投資に積極的な企業の株 …

トップへ戻る