第五回:「投資」と「投機」の中間をするでござる②

Pocket


「前回は「分散」について説明したでござる。
具体的な「分散」とは買う時間、買う銘柄、株式を買う国
投資商品全てでござるな。」

「私みたいに1つの銘柄に全財産を投入するのは駄目でございますわね。」

「左様でござる。株式投資において一番大切なことは
「勝つこと」ではなく「負けない」ことでござるよ。
これは非常に重要な点でござる。」

「「勝つこと」と「負けない」ことは同じではないのですか?」

「かならずしも一緒ではないでござる。
例えば、くノ一殿が100万円投資して1年後に100万円戻ってきたら
「勝つ」ってはいないけど「負けた」訳ではないでござるよな。
実際にはインフレ率や金利など難しい計算があるので
ここでは話を簡単にしておくでござる。
金額を投資して投資金額がそのまま戻ってきたら
これは投資としては成功なのでござるよ。」

「ふむふむ。」

「拙者の基本は「投資」でござる。
だから「投機」はお薦めしないでござる。
もし「投機」で儲ける方法を知りたかったら
IPO大将に聞くと良いでござるよ。
株プリンセスは個別株について詳しいはずでござるよ。
拙者の話が終わったら先ずはIPO大将の所に共に行くでござるよ。

さて続きでござるが、実際投資で大切なことは


①目標を決めること
②必要な利回りを計算すること
③利回りを確保できる投資商品の
組合せを選ぶ

という順番でござる。
①の目標を決めることは
大切でござるよ。目標とはいくらの金額(元本)を何年間で
いくらにしたいか決めることでござる。これを決めずに
株式市場に参加している人結構多いでござる。
ただ漠然と資金を増やしたいと考えている人のことでござるな。
これについては次回また説明するでござる。」

関連記事

第十五回:纏めでござる

「これまでの回①銘柄の分散(パッシブタイプの投資信託やETFの利用)、②投資国の分散、③商品の分散、④時間の分散を教えたでござる。特に前回はドルコスト平均法について触れて負けにくい「投資」について説明 …

去年の11月に執筆した原稿が…とうとう、キンドル出版されましたわ!!!

みなさま、ごきげんよう。 株セレブでございます。 ワタクシが去年の11月に執筆した原稿が とうとう、キンドル出版されましたわ!!! ワタクシ今では、セレブを名乗っておりますが 元は、浪費大好きのダメダ …

【現状のアベノミクスの効果】

これまで、アベノミクスの効果や問題点について色々と書いてきたのじゃが、それでは、現状見られるアベノミクスの効果はどのようになっているのじゃろうか。 2014年以降の消費者物価の伸びが低下している中で、 …

ユニクロの売り上げが落ち込んでいるのじゃ

 ファーストリテイリングが展開する「ユニクロ」じゃが、7月の売り上げが前年同月比1.5%減となったのじゃ。6月も11.7%減となっており、2か月連続のマイナスはおよそ3年ぶりのことなのじゃ。  原因と …

売上高営業利益率を比べてみるのじゃ(ファンダメンタル2)

前回紹介したとおり、売上高経常利益率は、経常利益が売上高に対してどれくらいあるのかを示す数値なのじゃ。 売上高経常利益率は、財務活動なども含めた通常の企業活動での利益率で、金融収支の良し悪しや資金調達 …

トップへ戻る