第七回:「投資」と「投機」の中間をするでござる④

Pocket


「前回は実際投資で大切なことは

①目標を決めること
②必要な利回りを計算すること
③利回りを確保できる投資商品の組合せを選ぶこと

の大切さを教えたでござる。
特に②について説明したでござる。
「投資」はコンスタントに3~20%程度の利回りを狙うものでござる。
だからそれ以上に利回りが必要なものは「投資」でなく「投機(=ギャンブル)」に掛けるしかないのでござる。
そういう話をしたでござる。」


「うんうん、私みたいに億万長者になりたいから「投機」をするのはダメだってことよね。」


「左様でござる。
今回は③利回りを確保できる投資商品の組合せを選ぶこと
について説明するでござるよ。
拙者の専門は株式投資でござるが、今日は株式以外の話も少し織り交ぜるでござる。
まず投資は分散すればするほどリスクは小さくなるのでござる。
投資で一番大切なことはこのリスクをコントロールすることでござる。
その為に①②の分散について説明したでござる。
③については先ずは買う銘柄を分散させることでござる。
一つの株式だけでなく出来るだけ沢山、個人なら5~10銘柄、に投資するでござる。
一番いいのは市場自体を買ってしまうことでござるよ。
つまり前銘柄に投資するのでござる。これは個人では不可能でござるが、投資信託を使えば可能でござるよ。」


「投資信託?」


「投資信託とは株式のプロが運用する投資商品のことでござるな。
様々なものがあるでござる。
自動車関連の銘柄に絞ったもの、バイオ関連企業に絞ったものなどでござる。
その中で株式市場全体に投資するインデックス投資信託というものがあるでござるよ。
それを用いれば市場全体に投資出来るのでござる。」


「分かったような、分かってないような…。」


「ここは難しいところでござるよ。
まず投資信託とは株式とは異なるでござるよ。
そして投資信託には様々なモノがあるでござる。
先ほど述べたようなある関連業種にのみ集中して投資するもの、業種をまたいで投資するもの、株式だけでなく債権にも投資するものなどがあるでござる。
これらはアクティブ投信と言って利益を追い求める投資信託でござるな。
一方、日経平均株価やTOPIXなどの指数との連動を目指すファンドもあるのでござる。
こちらのことをパッシブファンドというでござる。
先ずここまでは理解できたでござるか?
先は長いから次回また説明するでござる。」


「何となくわかってきたわ。」



関連記事

石油業界の再編に注目じゃ!

石油元売り国内2位の出光興産が5位の昭和シェル石油の筆頭株主となり、経営統合に向かっておるのじゃ。 石油製品の国内市場は縮小が続いておるので、再編により規模を拡大して生き残りを目指しているのじゃ。実際 …

日経平均2万円。けん引役になる銘柄はこれなのですわ!

SBI証券では、『「日経平均2万円」で本格化する選別物色?けん引役を期待される特選5銘柄はコレ!?』というテーマでレポートを掲載しているのですわ。 その中で、今回けん引役を期待されている銘柄について紹 …

海外投資家の日本株売りは続くのか?SBI証券のレポートに注目ですわ!

SBI証券では、海外投資家の日本株売りが続くのか、というテーマでレポートを掲載していますわ。 財務省が発表した「対外及び対内証券売買契約等の状況」によると、2015年9月に海外投資家(非居住者)は3兆 …

【下降トレンドでも勝てる方法とは?】

株取引で利益を得る方法は、安く買って高く売るのが基本。 それは誰もが知っていることで、多くのトレーダーがこれを実践して毎日相場に挑んでいるはずじゃ。 わらわも安く買って高く売って利益を出そうと、日々ト …

SBI証券のマーケット・フラッシュに注目なのですわ!

SBI証券では、「日銀「追加緩和なし」でも、株価上昇トレンドは継続へ」というタイトルで、レポートを掲載していますわ。 昨日開催された日銀金融政策決定会合ですが、追加緩和されるかどうかが市場の注目を集め …

トップへ戻る