stock station

石油業界の再編に注目じゃ!


石油元売り国内2位の出光興産が5位の昭和シェル石油の筆頭株主となり、経営統合に向かっておるのじゃ。

石油製品の国内市場は縮小が続いておるので、再編により規模を拡大して生き残りを目指しているのじゃ。実際の株式取得は昭和シェル石油の親会社である英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルから取得するので、2016年上半期に行われる予定なのじゃ。ただし、子会社化などはしないため、ガソリンスタンドとしてのそれぞれのブランドは統合後もそのまま維持する予定なのじゃ。また、すでにそれぞれで行っている製油所の統廃合などは行われない予定となっているのじゃ。

2社を統合すると、売上高がいち早く統合により大型再編を行った業界1位のJXホールディングスの10兆8824億円にかなり近づき7兆6276億円となり、販売シェアはJX日鉱日石エネルギーの33%とほぼ肩を並べるのじゃ。

 かつて10社以上あった石油元売り大手はこれで4社に集約されるため、残る東燃ゼネラル石油やコスモ石油の動向が今後の焦点となるのじゃ。

関連記事

第四回:「投資」と「投機」の中間をするでござる①

「今回からゲストを呼んだでござる。」 「よろしくね。私も株をやってるけどなかなか勝てませんわよね。」 「左様でござるな。前回の話の中で株式に勝つには 「投資」と「投機」の中間をすることを薦めたでござる …

第十六回:PERって何でござるか?

「これまで「分散投資」について説明したでござる。しかし個別銘柄をポートフォリオに加えるにはどの銘柄を買うか選ぶ尺度が必要でござる。今回はその説明をするでござる。」 「確かに銘柄を選ぶ尺度は必要ね。尺度 …

株価収益率(PER)の使い方を復習するのですわ。

PERは株価収益率のことで、よく使われる指標ですわ。 今回SBI証券では、米国株であるインテルのPERを例にPERのチェック方法を紹介していますわ。 実際の取引で参考にするのですわ。 PERはPric …

【量的金融緩和とはなんじゃろうか?】

アベノミクスで行われた日銀の量的緩和についてじゃが、これによってどういうことが起こるのじゃろうか。 まず、基本事項のおさらいなのじゃが、物価が上げ下げする仕組みは非常にシンプルなものであるということじ …

海外売上の高いグローバルな食品株を見てみるのですわ!

現在、日本の食品株をけん引する大手企業には、グローバル展開しているところが増えているのですわ。 SBI証券では、「現在の世界経済の方向感を考慮すれば、ディフェンシブ銘柄としての食品株に再度スポットが当 …

トップへ戻る