海運業の株価が下がっているのじゃ


 8月25日、海運業の大手3社の株価が年初来の安値となったのじゃ。日本郵船(9101)の株価は15円下落でマイナス4.5%、商船三井(9104)は16円下落でマイナス4.5%、川崎汽船は9円下落でマイナス3.3%と軒並み下落したのじゃ。業種別の株価騰落率では全33業種中で海運業が下落率トップとなったのじゃ。

 原因としてはコンテナ運賃が低迷していることや世界的に景気が減速している懸念を持たれているための不信感があるのじゃ。特に中国のリスクが心配されているのじゃ。海運業は特に景気に左右されやすいからのう。しかし原油安という要因もあるため、今後の改善は十分に期待できるのじゃ。

 海運業は振るわないのじゃが、空運業である日本航空(9201)やANAホールディングス(9202)なども株価が下落傾向にあるのじゃ。やはり世界経済への不信が同じように働いておると思われるのじゃ。

 日経平均株価もまだ下落している最中であるし、ここ数日はなかなか好材料が出てこない市況となっておるのじゃ。しかしコロプラ(3668)やディー・エヌ・エー(2432)のようなゲーム会社などは世界的な経済の影響は受けにくく、順調に成長しているところも多いのじゃ。こういった銘柄はまだ市場を探せばあると思うのじゃ。今の不景気な時期は転機までそういった銘柄を探し当てていくのが一番いいのじゃろうな。

関連記事

SBI証券のマーケットの注目イベントについてのレポートが参考になるのですわ!

SBI証券では、来週日本時間27-28日に開催される米FOMCをはじめとしたマーケットの注目イベントと、それに伴うマーケットの反応予想について、レポートを掲載していますわ。 来週は様々な注目イベントが …

【アベノミクスを振り返るのじゃ!】

アベノミクスが開始されて今年で3年目。それにより、どんな効果があったのか改めて振り返ってみるのじゃ。 前回は、アベノミクス前、民主党政権時代の経済状況等を振り返ってみたのじゃ。 政治も経済も停滞してい …

スマートフォン向けの求人広告が人気なのじゃ

 かつてはハローワークやフリーペーパーで求人を見ていたものじゃが、最近はスマートフォンで探す場合が多いようじゃ。そんな需要に応えて、スマートフォン向けの求人広告を扱う会社も増え、業績も伸びているようじ …

海外売上の高いグローバルな食品株を見てみるのですわ!

現在、日本の食品株をけん引する大手企業には、グローバル展開しているところが増えているのですわ。 SBI証券では、「現在の世界経済の方向感を考慮すれば、ディフェンシブ銘柄としての食品株に再度スポットが当 …

呼び値変更されて株価の動きはどうなのじゃ?

《株時事》 リアルタイムな株の情報。昨日に引き続き 今日は昨日、呼び値変更された後のニュースについてじゃっ。 2014年7月22日にTOPIX100の銘柄の呼び値が変更となったのは昨日の記事でも書いた …

トップへ戻る