stock station

海外投資家の日本株売りは続くのか?SBI証券のレポートに注目ですわ!


SBI証券では、海外投資家の日本株売りが続くのか、というテーマでレポートを掲載していますわ。

財務省が発表した「対外及び対内証券売買契約等の状況」によると、2015年9月に海外投資家(非居住者)は3兆878億円も日本株を売り越しているそうですのよ(投資ファンドの持分の売買を含む)。
これはサブプライムバブル崩壊後の2007年~2009年のどの月よりも大きな売り越し額だったそうですのよ。海外投資家の売買動向は日本株全体の水準に大きな影響を与えるため、SBI証券によれば、これが長期的な売り越しを意味するのか、単に前月の日本株リターンと米国株の変動率によるものなのか、はたまたアノマリーで説明できるのかを見極める必要がありそうとのことですわ。

下図はサブプライムバブル崩壊直前の2007年1月から2015年9月までの間の、海外投資家による日本株・投資ファンド持分投資のネット売買金額なのですわ。

この図から海外投資家の売り越し・買い越しは長く続くようだということが分かるのですわ。売り越しについては、2007年8月の「パリバショック」でサブプライムバブル崩壊が明らかになって以降、2009年3月までの20ヶ月のうち、売り越しとなっていたのは16ヶ月で、ほぼ一貫して海外投資家は日本株を売却していましたのよ。
逆に、買い越しも長期間となっていて、アベノミクスが始まる直前の2012年10月から2013年12月までの14ヶ月のうち13ヶ月が買い越しだったのですわ。

SBI証券によれば、海外投資家の売買フローの大部分はHFT(高頻度取引)などの短期売買と考えられるそうですわ。ただし、1ヶ月単位のネットの売買金額となると、巨額の資金を長期間運用する性格の投資主体の影響が大きくなると推測されるそうですのよ。
一般にこうした投資主体が、日本株を含めた世界各国への株式への投資割合を変更したりすると、それに向けてその後何ヶ月にもわたってポジションの調整が行われると考えられるそうですのよ。

その観点で2015年をみると、中国株の変調が始まった6月から9月までの4ヶ月間すべて日本株は売り越しとなっていますのよ。中でも9月の3兆円の売り越しは、2007年から2009年初めの期間の月間最大売り越し金額となった2009年3月の約1.6倍もの大きな売り越し額だったのですわ。

このことから、「長期資金の日本株売却が始まったのであれば、さらに長期間続く可能性がある」ことに加え、「従来よりも短期間に大量の売買を実行するようになった可能性がある」ということがいえそう、とSBI証券では結論づけていますわ。

関連記事

トヨタの新株に注目じゃ!

7月24日、トヨタ自動車から「AA型種類株式」という異例の株式が発行されたのじゃ。5年間は譲渡や換金ができない制限があるのじゃが、5年を過ぎたら普通株への転換かそのまま保有するか、もしくはトヨタ自動車 …

SBI証券の、曜日アノマリーに注目ですわ!

SBI証券では「日本株の曜日効果を検証する!」というレポートを掲載していますわ。 前回書いたとおり、日本株には月曜日に安くなる、というアノマリーがあるのですわ。 月曜日の騰落率が統計的にマイナスになり …

建設機械株に注意なのじゃ

 時折工事現場の前を通り過ぎると、用途によって様々な建設機械が働いておるのう。それだけ機械を用いた工法の幅が広がったということじゃろうな。  そんな建設機械の大手、小松製作所(6301)の株価が9月1 …

自然災害に注意なのじゃ

 先週末に茨城・宮城で洪水が起こり、多くの人が被害にあったと思えば週が明けて月曜日、今度は阿蘇山が噴火したとの報道で、今年の9月は気が抜けない月となったのじゃ。亡くなった方には心よりお悔やみ申し上げる …

SBI証券の「マーケット・フラッシュ」に注目ですわ

SBI証券のマーケットフラッシュでは、今回の米国雇用統計についてのレポートを掲載していますわ! 先週金曜日(11/6)に発表された10月の米雇用統計で、代表的な指標である「非農業部門雇用者数」が前月比 …

トップへ戻る