波乱の株式市場の原因を探るのですわ!


SBI証券では、「波乱が続く株式市場~反発のタイミングはココ!? 」という記事を掲載しているのですわ!

日経平均株価は大きく上下しており波乱の動きとなっているのですわ。12/1(火)に20,012円と2万円大台を回復した後、12/15(火)には18,562円の安値を付けましたわ。その後は12/18(金)に一時19,869円と急回復したものの、同じ日の終値が18,986円と急落…と、激動の展開になったのですわ。

今回SBI証券では、「株式市場では一体何があったのでしょうか。今後年末から年明けにかけて、どう考えるべきなのでしょうか。」ということで、日経平均株価のこうした動きを整理しながら、当面の展望を占っているのですわ

最初に書いたとおり、日経平均は大きく上下したのですわ。2万円台を回復した後、18000円台まで下がるなど、短期間で激しい動きを見せたのですわ。

この波乱の動きは、「4人の登場人物」をポイントとして整理するとわかりやすいかもしれない、とSBI証券では指摘していますわ。
「4人の登場人物」とは、

1)米国のFOMC、(2)日銀の金融政策決定会合、(3)米国の先物・オプション売買最終日、(4)ヘッジファンド

なのですわ。

東京株式市場に大きな影響を与えることが多いNY株式市場ですが、12月に入ってからは上値の重い展開が続いていましたわ。9年半ぶりの利上げが想定されていたFOMCや、米国の先物・オプション売買最終日(12/18)が控えていたため、買い持ち高を増やしにくい環境にあったことが要因だったのですわ。NYダウは12/1(火)の高値17,895ドルから12/14(月)には17,138ドルまで4%超下落したものの、買い持ち高が調整されたためか、同安値を示現した後のダウ平均は上昇に転じましたのよ!

次回もこのことについて紹介しますわ!

関連記事

今後に期待できそうな12月決算銘柄に注目ですわ

SBI証券では、『日銀が緩和「補完」!後の物色は?ラストチャンス!?の「12月決算」銘柄に期待』という記事を掲載しているのですわ! 今回紹介するのは、業績見通しが好転し、予想配当利回りもある程度確保が …

【1万円で買える株を見てみるのじゃ!】

自民党が政権奪取し、安倍首相肝煎りの経済政策であるアベノミクスが実施されてきておるが、このアベノミクスのおかげで、それまで冬の時代が続いた日本の株価市場も急激に沸き立ったのじゃ。アベノミクスの第一の矢 …

猛暑の恩恵を受ける業界に注目じゃ!

猛暑が続いておるのじゃ。特に気温が35度を超える猛暑日が全国各地で続く時期は夏物衣料やビール、飲料などの売れ行きが好調となり、小売りや食品、ドラッグストアといった関連銘柄に注目が集まるのじゃ。 これら …

【デイトレはどんなものじゃ?】

前回書いたとおり、デイトレは1日の中で株式を売買して利益を狙う投資法なのじゃ。 デイトレードということで、1日かけて株取引を行うのかと思うかもしれないが、1分の間に売買することもあるのじゃ。1分、5分 …

日経平均株価が急落しておるのじゃ

 8月に入り、一時2万600円台まで上昇していた日経平均株価じゃが、8月19日から下がり始め、24日には1万8540円まで下落したのじゃ。ここまで下落したのはおよそ半年ぶりとなるのじゃ。  背景には世 …

トップへ戻る