株式市場に見られる2つの傾向なのじゃ!


株式市場において、2つの傾向がみられるのじゃ。

国内での需要が多い株には年初来の高値更新がみられるのに対し、中国との取引が多い企業は伸び悩みを見せておるのじゃ。内需株としてはKDDIや明治ホールディングス、日本ハムやキリンホールディングスが年初来高値を更新しており、精密機械を扱うHOYAや化学の日本ゼオンも業績が好調なことを受け、株価を伸ばしておるのじゃ。

 それに対して失速懸念の強かった中国景気の影響を受け、ファナックはスマートフォンの金属ケース加工用小型機械の受注が落ち込み、株価が急落したのでこれまで株主配分の強化への期待で買われた上昇分が無くなり、2月初旬の水準まで押し戻されてしまったのじゃ。神戸製鋼所も同様に中国景気の失速により建設機械が伸び悩み、業績の重荷となる予想なのじゃ。

 これまでは市場で過度の業績上振れ期待がもたれていたのじゃが、現在のところはあまり元々の予想からの上方修正は期待できないのじゃ。
 これからは投資家が株主配分に惑わされず、シビアに業績を見定めていくと思われるの
じゃ。

関連記事

波乱の株式市場の原因を探るのですわ!

SBI証券では、「波乱が続く株式市場~反発のタイミングはココ!? 」という記事を掲載しているのですわ! 日経平均株価は大きく上下しており波乱の動きとなっているのですわ。12/1(火)に20,012円と …

製薬会社の売り上げが好調なのじゃ

2015年4月~6月期の連結決算において、参天製薬の純利益が86%増の75億円となったのじゃ。網膜疾患治療薬などの販売が国内で好調だったのに加え、前期に米メルクから買収した眼科向け医薬品の収益が上乗せ …

コンビニの医薬品販売に変化なのじゃ

大手コンビニエンスストアのファミリーマート(8028)が、ファーマライズホールディングス(2796)とヒグチ産業の2社と合弁会社を設立すると発表したのじゃ。  ファミリーマートはこれまでもソフトバンク …

東京ゲームショウが始まるのじゃ

 9月17日から、幕張メッセにて東京ゲームショウ2015が始まるのじゃ。国内最大級のゲームの祭典ということで、毎年注目を浴びているのじゃ。そして、その注目は株価にも現れておるのじゃ。  スマートフォン …

ギリシャショック前のギリシャはどんな経済構造だったのかしら?(ギリシャ問題とユーロその5)

前回までは、通貨発行権を持つ国が経済危機に直面した場合、どのような方法で危機を脱したか、ということについて紹介したのですわ。 ギリシャの場合、通貨発行権がないため、例に挙げたタイやインドネシアのような …

トップへ戻る