stock station

株価収益率(PER)の使い方を復習するのですわ。


PERは株価収益率のことで、よく使われる指標ですわ。
今回SBI証券では、米国株であるインテルのPERを例にPERのチェック方法を紹介していますわ。
実際の取引で参考にするのですわ。

PERはPrice-to-Earnings Ratioの略です。この場合のPriceとは株価を指し、Earningsは一株当たり利益(EPS)を指しますわ。つまり現在の株価を一株当たり利益で割算した結果がPERですわ。PERは「何倍」という倍率で表されますのよ。

2015年12月9日におけるインテル(ティッカーシンボル:INTC)の株価は$34.52(ザラ場ベース)ですのよ。
またインテルの4四半期のEPSの合計額は2.23ドルですのよ。
そのため、PERの計算式は34.52 ÷ 2.23 = 15.48となるのですわ。つまり2015年12月に締め切る1年間のEPSに基づいたインテルのPERは15.48倍ということですわ。

このPERが割高なのか割安なのかは、市場全体のPERから判断するのですわ。日本の場合は各セクターごとの平均PERをチェックするのですが、米国株の場合は、S&P500指数との比較をしますわ。2015年の予想EPSに基づいたS&P500指数のPERは21.58倍ですのよ
1990年まで遡ったS&P500指数のPERは下のグラフを見てみるのですわ。

ちなみに、2008年と2001年にグラフが突出しているのはマーケットが高くなったからではなく、リーマンショック、ドットコム・バブル崩壊で利益が限りなく小さくなったのが原因ですのよ。

いまインテルのPERをS&P500指数のPERで割ったものは

15.48 ÷ 21.58 = 0.717

となり、インテルはS&P500指数に比べて72%程度の株価評価に甘んじているということになるのですわ。
『じゃあ、割安なの?』と思うかもしれませんが、ちょっと待って欲しいのですわ。なぜなら企業によっては万年割安放置されている株もあるからなのですわ。
また次回もPERについて紹介するのですわ。

関連記事

スマートフォン向けの求人広告が人気なのじゃ

 かつてはハローワークやフリーペーパーで求人を見ていたものじゃが、最近はスマートフォンで探す場合が多いようじゃ。そんな需要に応えて、スマートフォン向けの求人広告を扱う会社も増え、業績も伸びているようじ …

一国一通貨とユーロ(ギリシャ問題とユーロその9)

EUは、経済力も財務健全性もそれぞれ異なる国が集まって成り立っているにも関わらず、共通通貨のユーロを使っていることで、無理が生じているのですわ。 例えば一国1通貨であれば、今回のギリシャのように大きな …

SBI証券のマーケット・フラッシュに注目なのですわ!

SBI証券では、「日銀「追加緩和なし」でも、株価上昇トレンドは継続へ」というタイトルで、レポートを掲載していますわ。 昨日開催された日銀金融政策決定会合ですが、追加緩和されるかどうかが市場の注目を集め …

日本銀行が買いを増やす上昇基調の銘柄に注目ですわ!

12/18(金)の金融政策決定会合で、日銀は大規模な金融緩和策を補完するため、設備投資や人材投資に積極的な企業の株式が含まれるETFを年間およそ3,000億円買い入れる新たな枠の設置を決めたのですわ。 …

日経平均の今後の動きを一目均衡表から探るのですわ!

SBI証券では、「波乱が続く株式市場~反発のタイミングはココ!? 」という記事を掲載しているのですわ! 日経平均は2万円台に突入したかと思ったら、18,000円台まで下がるなど、波乱の様相となっていま …

トップへ戻る