stock station

東洋ゴム工業の株価が値下がりしたのじゃ


東洋ゴム工業の株価が大幅に値下がりしたのじゃ。2015年3月に免震ゴムの性能偽装問題が発覚し、交換作業などの費用としておよそ140億円を計上していたのじゃが、8月6日に交換費用などで追加損失100億円を計上する方向となったのじゃ。最終的には500億円くらいまで膨らむ可能性もあるようじゃ。

そのニュースを受け、8月6日の株価は前日比マイナス151円の2640円と5%超の値下がりとなったのじゃ。今後、再び追加損失が計上されるとさらに下落する可能性もあるのじゃ。

 東洋ゴム工業の株価は性能偽装問題が発覚したときに今回より大幅に急落し、2200円台まで落ち込んだのじゃ。その後、株価を徐々に回復し、発覚前の水準に戻りつつあったのじゃが、今回はやや後退する結果となったのじゃ。

 東洋ゴム工業では、問題の免震ゴムが使われている建物、全国154棟のすべてを交換すると言っておるのじゃ。今後再び費用の追加があったとして、その損失に耐えられるのかということと、今後の信用回復の姿勢に注目していきたいのじゃ。

関連記事

第十九回:買いのベストタイミングとは?

「前回までで割安性を判断する指標として「PER=株価/一株当たりの利益」「PBR=株価÷1株あたり株主資本(BPS) 」を紹介したでござる。でもいずれの指標も万能でないことも説明したでござる。そして不 …

第十七回:PBRって何でござるか?

「前回は企業の割安性を判断する指標として「PER=株価/一株当たりの利益」を紹介したでござる。でもPERは万能でないことも説明したでござる。何か質問はあるでござるか?」 「万能じゃないって事はそんなに …

【量的金融緩和とはなんじゃろうか?】

アベノミクスで行われた日銀の量的緩和についてじゃが、これによってどういうことが起こるのじゃろうか。 まず、基本事項のおさらいなのじゃが、物価が上げ下げする仕組みは非常にシンプルなものであるということじ …

足場固めが続く日経平均に注目ですわ!

SBI証券の「225の『ココがPOINT!』」では、「大台回復へ、テクニカル面では足場固めが続く日経平均株価 」というテーマで、日経平均の現状を分析していますわ。 11月半ばまでの日経平均株価は概ね堅 …

日経平均2万円台のポイントをチェックするのですわ!

SBI証券では、『日経平均2万円!「予想EPS(一株利益)が最高水準更新」で、株価も高値トライか!? 』というレポートを掲載していますわ。」 先日久しぶりに2万円台を回復した日経平均は、今は19,00 …

トップへ戻る