時計がよく売れているのじゃ


そういえば中国からの観光客は腕時計などもよく買っておるようじゃの。ロレックスやオメガなど海外ブランド品がよく売れるのが少し不思議じゃが、中国では輸入ブランド品に対する関税が高いため、日本で買ったほうが安くすむらしいのじゃ。

 しかし、日本の腕時計もよく買われたのじゃ。シチズンホールディングス(7762)は訪日中国人に20万円以上する高級時計がよく売れ、北米での売り上げが好調なことと情報端末向けの電子部品も伸びたため、純利益が最高となったのじゃ。セイコーホールディングス(8050)も訪日中国人が「グランドセイコー」という50万円台の主力ブランドを多く買い、4月~9月の連結経常利益は前年同期比23%増の95億円とみられるのじゃ。カシオ計算機(6952)では主力のGショックやスマートフォンとの連携が売りのエディフィスが好調な売れ行きとなっているのじゃ。また、今後は多言語に対応した電子看板を訪日客にアピールする狙いで設置数の増加に励む予定なのじゃ。各社とも空港や海外店舗での広告を増やし、さらに販売を増やしていく方針だそうじゃ。

 訪日外国人客が大量に購入するものは日用品や電化製品、医薬品、化粧品、腕時計などの高級品と多岐に渡っておるのじゃが、こうした恩恵を受けている業種は確かに売り上げが伸びているのじゃ。しかしあくまで一過性のものに過ぎず、中国経済の減速が目立つ今となってはいつまで続くか安心してみていられる状況ではないと思われるのじゃ。せっかくの増益なのじゃから、今後の商品開発に用いてこれからも長く売れるような商品をどんどん開発してくれれば安心してみていられるのじゃがな。商品開発は難しいが、そんな商品を発表することができる会社がいたら目を離してはいられないのじゃ。

関連記事

【個人トレーダーが相場で生き残るには?】

資金豊富な個人トレーダーはどれくらいいるのじゃろうか?『何億もの資金を使って取引をしている』という個人トレーダーももちろんおるじゃろうが、それはごく一部なのではないだろうか。多くの個人トレーダーが数万 …

【アベノミクスの問題点を見てみるのじゃ!】

2012年12月に自民党が政権奪取して以来行われてきたアベノミクス。 これにより株価が上昇し、景気が良くなった、という意見があることはすでに紹介したとおりなのじゃ。 とはいえ、株価上昇=景気回復ではな …

【アベノミクスの問題点について見てみるのじゃ(その2)】

前回もに引き続き、アベノミクスの問題点について検証してみるのじゃ。 景気が良くなれば株式を購入する、という図式は、金融グローバル化が進んだ現在には当てはまりにくくなってしまっているのが現状なのじゃ。 …

米国名門大学の運用手法とは?

米国屈指の名門大学といえば、ハーバード大学やイェール大学が有名なのですわ。 超名門大学として世界的にも有名なこれらの大学は、実は機関投資家としての顔も持っており、優れた運用成績を上げているのですわ! …

外国人が買う銘柄の詳細を見てみるのですわ!

SBI証券では『外国人が買った年末・年始相場が期待出来る20万円マザーズ銘柄はコレだ!? 』というレポートを掲載していますわ。 今回は、年末・年始の株価上昇が期待出来る東証マザーズ銘柄として、下記の条 …

トップへ戻る