日銀が買いを増やす銘柄に注目ですわ。


12/18(金)に日銀金融政策決定会合があり、現在の金融緩和策を補完する新たな制度の導入を決めました。日銀は、金融政策決定会合で、大規模な金融緩和策を補完するため、設備投資や人材投資に積極的な企業の株式が含まれるETF(上場投資信託)を年間およそ3,000億円買い入れる新たな枠の設置を決めているのですわ。

「設備投資や人材投資に積極的な企業の株式が含まれるETF(上場投資信託)」とは、黒田総裁の説明によると、当初はJPX日経インデックス400に連動するETFを念頭に置くものの、施策の趣旨に合致する新規のETFをつくるように運用会社に促すとのことですわ。

12/18(金)に日銀金融政策決定会合があり、日本銀行が現在の金融緩和策を補完する新たな制度の導入を決めましたのよ。それにあたり、日銀は上述の枠の設置を決めたのですわ。金融政策決定会合で、大規模な金融緩和策を補完するため、設備投資や人材投資に積極的な企業の株式が含まれるET

設備投資や人材投資に積極的な企業の株式が含まれるETF(上場投資信託)とは、黒田総裁の説明では、当初はJPX日経インデックス400に連動するETFを念頭に置きますが、こうした施策の趣旨に合致する新規のETFをつくるように運用会社に促すとのことですわ。

ETFの買入れについて、現在の年間約3兆円の買入れに加え、新たに年間約3,000億円の枠を設け、「設備・人材投資に積極的に取り組んでいる企業」の株式を対象とするETFを買入れる。当初は、JPX日経400に連動するETFを買入対象とし、この施策の趣旨に合致する新規のETFが組成された場合には、速やかに買入対象に加える。新たな枠によるETF買入れは、日本銀行が買入れた銀行保有株式の売却開始に伴う市場への影響を打ち消す観点から、2016年4月より開始する…とのことなのですわ。

下図今回ご紹介する「2016年 日本銀行が買いを増やす銘柄・減らす銘柄」の一覧表ですわ。
具体的な選定方法は、次回説明しますわ。

関連記事

ユーロの負け組(ギリシャ問題とユーロその11)

前回はユーロ圏の勝ち組のドイツを取り上げましたわ。今回は、今や世界経済の火種になってしまっているギリシャを取り上げてみるのですわ。 負け組の筆頭とも言えるギリシャは、もともと国民の4割が公務員という、 …

第三回:じゃあ株式への資金投入はどうするのが良いでござるか?

前回の復習からでござる。 「投機」とはゼロサムゲームのことを指し 勝つ人と負ける人が必ず存在することを説明したでござる。 一方、「投資」とは非ゼロサムゲームのことを指し 全員が勝てる可能性があることを …

NISAが定着してきたのじゃ

NISA(少額投資非課税制度)を使った投資が、しっかり定着している様なのじゃ。主要証券会社10社を経由した2014年の年間購入合計額が1兆4189億円だったのじゃが、2015年1月~6月の株式・投資信 …

第二十三回:トヨタ株でIR財務資料で貸借対照表を確認するでござる

「前回はトヨタのIR資料を参考にしてCF計算書(P13)を説明したでござる。」 「営業活動によるCFの総計:+, 投資活動によるCF総計:-ね。」 「左様でござる。今回は貸借対照表(P7-8)について …

日経平均に注目ですわ!

SBI証券では、『日経平均2万円!「予想EPS(一株利益)が最高水準更新」で、株価も高値トライか!? 』というレポートを掲載していますわ。」 日経平均採用銘柄の企業業績の方向感は、日経平均の予想EPS …

トップへ戻る