stock station

日経平均2万円台のポイントをチェックするのですわ!


SBI証券では、『日経平均2万円!「予想EPS(一株利益)が最高水準更新」で、株価も高値トライか!? 』というレポートを掲載していますわ。」

先日久しぶりに2万円台を回復した日経平均は、今は19,000円後半まで値下がりしましたわ。
とはいえ、2万円台を意識した展開が今後も続くであろうことが予想されるのですわ。

株式市場の今後の動向を予想する上で重要になってくるのが、 12/4発表の米雇用統計ですわ。
SBI証券では、今週は米国経済をウォッチすべき期間としているのですわ。

また、金融政策の変化も最も重要な材料のひとつになるのですわ。日本時間の12/17未明(米国時間では12/16)に結果が判明する米FOMC(連邦市場委員会)では、「政策金利の引き上げ」がコンセンサスとなっていますのよ。このため、利上げそのものが相場に与えるインパクトは限定的になりそうであるものの、FRB(米連邦準備制度理事会)が何を示唆するかは、非常に重要なのですわ。それに向け、米国では重要な経済指標の発表が続くため、目の離せない状況が続くと考えられますわ。

中央銀行の当局者たちは、金融政策の対象として公言することはないとみられますが、「為替」についても重大な関心をもっているとみられるそうですのよ。欧州や日本が緩和的金融政策を取り続ける中で、FRBによる急ピッチな利上げとそれに伴う急激なドル高は、企業業績等への影響を考えれば選択肢としては取りにくいとみられる、とSBI証券では分析していますわ。FRBは「緩やかな利上げモード」を志向していると思われますが、それが確認されれば為替市場も落ち着き、米国株高につながるとみられるそうですのよ。

世界一の経済大国である米国の政策金利の引き上げは、投資家のリスク許容度を低下させ、新興国市場や株式市場からの資金流出を招く要因になってしまうのですわ。しかし同時に、米国経済が利上げに耐えられるだけの強さを回復してきたことの証明にもなりますわ。米出口戦略は、バーナンキ前FRB議長が量的緩和縮小の方針を明らかにした2013/6に、実質的には始まっていると考えられ、既に相当織り込んでいるとみられる、とSBI証券では分析していますわ。その意味で12/17(米国時間12/16)を経過すれば、アク抜け感が台頭し、世界的に株価が上昇してくる可能性が大きいとみられる、とのことなのですわ!

関連記事

波乱の株式市場の原因を探るのですわ!

SBI証券では、「波乱が続く株式市場~反発のタイミングはココ!? 」という記事を掲載しているのですわ! 日経平均株価は大きく上下しており波乱の動きとなっているのですわ。12/1(火)に20,012円と …

予想配当利回りが高い銘柄への投資ポイントを探るのですわ!

SBI証券では、『日銀が緩和「補完」!後の物色は?ラストチャンス!?の「12月決算」銘柄に期待』という記事を掲載しているのですわ! 今回紹介するのは、『リスクはあるものの予想配当利回りがより高い銘柄の …

外国人が注目する中小型株をチェックするのですわ!

SBI証券では『外国人が買った年末・年始相場が期待出来る20万円マザーズ銘柄はコレだ!? 』というレポートを掲載していますわ。 12/4の日本経済新聞に「海外勢、中小型株にシフト  成長期待と割安感に …

最高益更新銘柄を探るのですわ。

SBI証券では、最高益更新銘柄について取り上げているのですわ。 日経平均株価が12/1に2万円の大台を回復してから一進一退ですわ。 それでも2万円台が見えてきたことは、中国株が落ち着いてきたことや、米 …

【アベノミクスと東南アジア】

アベノミクスが与える影響について色々な角度から見てきておるのじゃが、今回は、東南アジア諸国にとってどうなのかということを見てみるのでござる。 昨年12月17日に日経新聞が報じたところによれば、野村証券 …

トップへ戻る