日経平均2万円で牽引を期待される銘柄に注目するのですわ!


SBI証券では、『「日経平均2万円」で本格化する選別物色?けん引役を期待される特選5銘柄はコレ!?』というテーマでレポートを掲載しているのですわ。

日経平均株価の反発局面が続いていますのよ。8/11の20,946円を高値に、9/29には16,901円まで19%も下げていましたが、その後は反発局面に転じたのですわ。そして、ここにきてようやく「2万円トライ」の水準まで戻ってきたのですわ。

中国経済や米金融政策に対する不透明感が後退したことが要因と考えられる、とのことなのですわ。
株式市場において「2015年最大のイベント」とされてきた「郵政上場」が成功し、これにより、今まで株式投資をしたことのなかった初心者も株式市場へ参加し、市場に厚みが増してきたと考えることもできそう、とSBI証券では分析していますのよ。

しかし、中国経済への不透明感が解消した訳ではなく、むしろ、商品市況の下落等を通じ、逆風を受けている銘柄もあるのですわ。さらに、前々から注目されている米国の政策金利の引き上げについて、これが仮に年内にわれ、その後に素直に円安・ドル高が進むか否かも不透明、とSBI証券では指摘していますのよ。そのため、「ここからの銘柄選別は意外に難しいのが現実」とSBI証券では指摘していますのよ。

そこで今回の「日本株投資戦略」では、11/13までに終わった上場企業の中間決算を総括しつつ、好業績銘柄の中から、今後の株式市場をリードしていけそうな銘柄をチョイスしたそうですわ。

次回もこのテーマを掘り下げるのですわ!

関連記事

SBI証券の海外投資家の動向のレポートに注目なのですわ!

SBI証券では、海外投資家の日本株売りが続くのか?というテーマでレポートを掲載していますわ。 2005年1月から2015年9月の間、海外投資家の日本株売買動向が、前月の相場動向に影響を受けているかどう …

企業の設備投資に注目なのじゃ

金属加工機械、特に板金機械で国内トップのアマダホールディングスに、例年にないほどの注文が来ているそうなのじゃ。自動車メーカーや電機メーカーなど国内企業からの5月の受注額は前年比91%増となっているのじ …

電機メーカーが騒がしいのじゃ

 東芝(6502)の不適切会計による影響で、いまだに紙面を騒がしておるのじゃ。株価においては、悪い材料が出尽くしたと安定してきてはいるものの、グループ会社のトプコン(7732)の保有株をすべて売却した …

PERの使い方を今一度学ぶのですわ!

今回SBI証券では、米国株であるインテルのPERを例にPERのチェック方法を紹介していますわ。 インテルの株価が割安かどうかをPERを見て判断するのですが、その際にS&P500指数のPERとの比較をす …

ギリシャショック後のギリシャの経済状況はどうだったのかしら?(ギリシャ問題とユーロその6)

前回書いたとおり、経済危機後のギリシャは、EUとIMFによる財政再建要求を呑み、公務員改革、年金改革を実施したのですわ。それにより、2013年にはプライマリー予算の黒字化に成功するなど、一時期よりマシ …

トップへ戻る