stock station

日経平均2万円。けん引役になる銘柄はこれなのですわ!


SBI証券では、『「日経平均2万円」で本格化する選別物色?けん引役を期待される特選5銘柄はコレ!?』というテーマでレポートを掲載しているのですわ。
その中で、今回けん引役を期待されている銘柄について紹介していますのよ。

3月決算企業の今年度上半期(2015年4~9月期)決算発表が終わりましたわ。日経新聞よると、上場企業(金融・電力を除く)の経常利益は前年同期比で11%増となったそうですわ。通期(2016年3月期)でも6.9%の増益を確保する見込みで、日本企業は最高益更新が続くと予想され、株価もそれを評価して上昇すると期待されているのですわ。

では、どんな業種がけん引して業績拡大(中間期実績)が続いているのかが気になるのですわ。SBI証券が別のレポートで営業利益をベースに、別途集計したところでは、金額ベースでみると、電気・ガス、輸送用機器、情報・通信、化学、建設、陸運、医薬品の順になるそうですわ。また、変化率の順でみると、ゴム製品、電気・ガス、小売、繊維、建設、医薬品、金属製品の順番となっているそうですのよ。

今回は、これらの業種の主力株の中から、来期にかけても業績拡大が期待でき、定性的にも明確な買い材料のある5銘柄をSBI証券でピックアップしたそうですわ。
その銘柄はこれなのですわ。

次回はこれらの銘柄について、詳しく見てみるのですわ。

関連記事

海外投資家の今後の方向性を、SBI証券のレポートで探るのですわ!

SBI証券では、海外投資家による日本株売りが今後続くのか?というテーマでレポートを掲載していますわ。 昨日紹介したとおり、海外投資家は前月のTOPIXの変化率と米国株の荒れ具合の動向に影響を受けている …

一国一通貨とユーロ(ギリシャ問題とユーロその9)

EUは、経済力も財務健全性もそれぞれ異なる国が集まって成り立っているにも関わらず、共通通貨のユーロを使っていることで、無理が生じているのですわ。 例えば一国1通貨であれば、今回のギリシャのように大きな …

日経平均をテクニカル的に分析してみるのですわ!

SBI証券の「225の『ココがPOINT!』」では、「大台回復へ、テクニカル面では足場固めが続く日経平均株価 」というテーマで、日経平均の現状を分析していますのよ。 これは日経平均株価の「エンベロープ …

【3万円以内で買える銘柄をチェックしてみるのじゃ!】

アベノミクス&日銀の追加金融緩和で活況となっている株式市場。株価は上昇し、NISA制度が利用できることからも、株式投資を始めやすい環境が整ってきておるぞ。 株価上昇の波に乗りたいものの、初期投資金額に …

東洋ゴム工業の株価が値下がりしたのじゃ

東洋ゴム工業の株価が大幅に値下がりしたのじゃ。2015年3月に免震ゴムの性能偽装問題が発覚し、交換作業などの費用としておよそ140億円を計上していたのじゃが、8月6日に交換費用などで追加損失100億円 …

トップへ戻る