日経平均株価「20,000円~21,000円」の局面で取るべき戦略を探るのですわ!


SBI証券では「日経平均株価「20,000円~21,000円」の局面で取るべき戦略を探る!」というタイトルで、レポートを掲載しているのですわ!

日経平均株価は9/29の16,901円を当面のボトムとして、上昇トレンドを描いていますわ。中国・上海指数がその日までの底ばい相場から上放れて上昇傾向に転じ、それと併せて米国株も上昇トレンドに入るなど、世界的に「リスクオン」の空気が強まったことが背景ですのよ。

今後、日経平均株価は「20,000~21,000円」のレンジで推移する可能性が膨らんできたのですわ。しかし、この水準まで回復してくると、相当戻り売りも増えてくるとSBI証券では予想していますのよ。さらに、スケジュール面では、様子見が強まる可能性もありますわ。

日経平均株価は9/29の16,901円を当面のボトムとして、上昇トレンドを描いていますのよ。中国・上海指数がその日までの底ばい相場から上放れて上昇傾向に転じ、それと併せて米国株も上昇トレンドに入るなど、世界的に「リスクオン」の空気が強まったことが背景ですわ。

11月第3週までに我が国の決算発表(3月決算企業の2015年4~9月期)が終わり、中国経済減速の影響が今の所は一部の企業にとどまっていたことが確認されたことも安心感につながりましたのよ。11/13にパリで同時多発テロが起こり、11/16の日経平均株価が一時300円超下げるという波乱もありましたが、その後の海外株式市場の反応が冷静だったこともあり、早めに上昇基調を取り戻したのですわ。11/26現在、日経平均株価は20,000円大台回復目前の水準に位置していますわ。

こうした中、オプション市場ではコール・オプションがおおむね堅調な動きとなったそうですわ。
これは、「日経平均株価」と「日経平均コール・オプション(2015年12月限月・権利行使価格19,875円)のプレミアム」の価格推移を1枚のグラフで示したものですのよ。

日経平均株価は10/14には17,891円でしたが、11/26では19,847円と約11%の上昇となりましたわ。これに対し、このコール・オプションは10/14に120円でしたが、11/26には280円まで約2.3倍の上昇となっていますのよ!

日経平均株価が上昇する時は、現物株以上に、コール・オプションの方が上昇率が大きくなりやすいという商品特性がここでも示された形になっていますわ!

なお、日経平均株価が約11%上昇した同じ期間に、プット・オプション(限月・行使価格は同一)は、1,740円(10/13)→330円と約5分の1に急落していますのよ。

関連記事

【デイトレのメリットとデメリットは何じゃ?】

前回はデイトレを始めるための最低限の準備について書いたのじゃ。 今回は、デイトレのメリットとデメリットについて見てみるのじゃ。 デイトレのメリットは、億万長者のデイトレーダーに代表されるように、効率的 …

株セレブ、テレビ出演情報!

みなさま、ごきげんよう。 株セレブでございます。 フジテレビのノンストップという番組の 公式HP 『コジマジックのお助け仕分け人』というコーナーに 出演いたしますのよ! ワタクシが浪費大好きのダメダメ …

NISAが定着してきたのじゃ

NISA(少額投資非課税制度)を使った投資が、しっかり定着している様なのじゃ。主要証券会社10社を経由した2014年の年間購入合計額が1兆4189億円だったのじゃが、2015年1月~6月の株式・投資信 …

波乱の株式市場の原因を探るのですわ!

SBI証券では、「波乱が続く株式市場~反発のタイミングはココ!? 」という記事を掲載しているのですわ! 日経平均株価は大きく上下しており波乱の動きとなっているのですわ。12/1(火)に20,012円と …

アベノミクスの前、民主党政権をまずは振り返るのじゃ!

アベノミクスが始まって今年で3年目になるのじゃ。 ここで一度、アベノミクスについて改めて見てみるのじゃ。 2012年12月、迷走に迷走を重ねた3年あまりの民主党政権が終焉し、2012年12月26日に発 …

トップへ戻る