日経平均上昇で買いたい銘柄を考えるのですわ!

Pocket

SBI証券では、再び上昇基調にある日経平均を踏まえ、どんな銘柄を買えば良いかを分析しているのですわ。
今回、(1)好決算・出遅れ企業、(2)年末にかけ配当取り妙味のある主力企業、(3)「郵政上場」で注目される公益株の3つの視点から、銘柄を抽出しているのですわ。

今回注目するのは(2)年末にかけ配当取り妙味のある主力企業ですわ!

上場企業の決算期としては3月が最多で、東証一部では全体の75.5%を占めていますが、12月決算企業はそれに次いで多く、社数ベースでの構成比は8.3%となっているのですわ。従って、12月末付で配当や株主優待の権利が確定する銘柄も少なくないため、物色対象となる可能性は小さくない、とSBI証券では分析していますのよ。

ちなみに、海外の企業については12月決算が主流ですわ。このため、我が国で12月決算を採用している企業は、海外に子会社を持つなど、グローバルな大手企業を数多く含んでいるそうですのよ。
下表は、時価総額1千億円以上の東証一部上場企業のうち、12月決算の銘柄について、予想配当利回りの高い順に列挙したものですわ。

こうした12月決算企業の中から、予想配当利回りや業績、知名度等を加味して2銘柄を抽出したものがこれですわ。

キヤノン、ブリヂストンともに、今期増益見込み予想PERも低く、予想配当利回りも高めであることがわかりますのよ。

今回、郵政3社の上場を契機に、株式市場に新しい投資家が参加しており、そうした投資家が「郵政の次」に銘柄選別の基準にしやすいのは、業績や配当、知名度であると考えられることから、知名度の高い銘柄を中心に選んだとのことですわ。

キヤノン(7751)の予想配当利回りが4.0%というのはサプライズですのよ。業績見通しがかんばしくなかったことで、株価が下げてきたことが利回り上昇の一因だったのですわ。ただ、2015年7~9月だけみれば、前年同期比で増益に転じていますので、業績は実態面で改善の兆しを見せている可能性がありますのよ。そして予想配当利回りの高い企業として何社か「ゴム」関連企業が挙がっていますが、ブリヂストンが知名度、増益率をトータルでみた場合、上位と考えられる、とSBI証券では分析していますわ!

関連記事

トヨタの新株に注目じゃ!

7月24日、トヨタ自動車から「AA型種類株式」という異例の株式が発行されたのじゃ。5年間は譲渡や換金ができない制限があるのじゃが、5年を過ぎたら普通株への転換かそのまま保有するか、もしくはトヨタ自動車 …

日本の金融政策をチェックするのですわ。

SBI証券では、『日経平均への影響は?日米欧の金融政策を再確認』という記事を掲載しているのですわ。 前回は米国と欧州の金融政策について見てみたのですわ。 今回は日本の金融政策について見てみるのですわ。 …

株姫、トリドールに目を付ける!の巻

~前回までのあらすじ~ バンナムが思わぬバブリーに恵まれ、日経平均が下がっても根強い上げを見せた先週。 株姫は寝坊して上げの時に買えずジマイでしたとさ。 株って余裕っしょ~♪(買ってないケド) まった …

第三回:じゃあ株式への資金投入はどうするのが良いでござるか?

前回の復習からでござる。 「投機」とはゼロサムゲームのことを指し 勝つ人と負ける人が必ず存在することを説明したでござる。 一方、「投資」とは非ゼロサムゲームのことを指し 全員が勝てる可能性があることを …

日経平均2万円をけん引する銘柄を詳しく見てみるのですわ!

SBI証券では、『「日経平均2万円」で本格化する選別物色?けん引役を期待される特選5銘柄はコレ!?』というテーマでレポートを掲載しているのですわ。 これらの業種の主力株の中から、来期にかけても業績拡大 …

トップへ戻る