stock station

日経平均の今後の動きを一目均衡表から探るのですわ!


SBI証券では、「波乱が続く株式市場~反発のタイミングはココ!? 」という記事を掲載しているのですわ!

日経平均は2万円台に突入したかと思ったら、18,000円台まで下がるなど、波乱の様相となっていますわ。日経平均の今後の動きについて、SBI証券では一目均衡表を用いて分析していますわ。


上の一目均衡表でみる限り、日経平均株価は弱い形になっていますわ。その理由は下記のとおりなのですわ。
なお、図中の数字は下の箇条書きの数字に一致していますのよ。

(1)遅行スパンは日々線の上から下に突き抜け、「売りシグナル」が点灯したこと。
(2)転換線が基準線を上から下に突き抜け、「売りシグナル」が点灯したこと。
(3)2本の先行スパンが交錯した「要注意日」である12/14(月)に日経平均が急反落したこと。
(4)12/21(月)に日経平均株価が下落し、「クモ」の中にもぐり込んでしまったこと。

なお、タイムスケジュール的には重要日程を通過したことで、イベントリスクは低下してきたように思われる、とSBI証券では分析していますわ。ただ、12/23(水)に東京市場が休場(天皇誕生日)、12/24(木)および12/25(金)に多くの海外株式市場が休場ということもあり、市場参加者の減少が見込まれますわ。日経平均株価は一目均衡表のクモの中で19,000円前後を推移する展開と言えるかもしれない、とSBI証券では予想していますわ。

関連記事

海外売上の高いグローバルな食品株を見てみるのですわ!

現在、日本の食品株をけん引する大手企業には、グローバル展開しているところが増えているのですわ。 SBI証券では、「現在の世界経済の方向感を考慮すれば、ディフェンシブ銘柄としての食品株に再度スポットが当 …

【量的金融緩和とはなんじゃろうか?】

アベノミクスで行われた日銀の量的緩和についてじゃが、これによってどういうことが起こるのじゃろうか。 まず、基本事項のおさらいなのじゃが、物価が上げ下げする仕組みは非常にシンプルなものであるということじ …

SBI証券の、郵政3社上場前後の相場展開に注目ですわ!

11月4日(水)に郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)が東証1部に新規上場しますのよ。売り出し規模約1兆4,000億円、時価総額約13兆円の今年最大のIPOで、株式市場にも大きな影響 …

第二十三回:トヨタ株でIR財務資料で貸借対照表を確認するでござる

「前回はトヨタのIR資料を参考にしてCF計算書(P13)を説明したでござる。」 「営業活動によるCFの総計:+, 投資活動によるCF総計:-ね。」 「左様でござる。今回は貸借対照表(P7-8)について …

年後半の日本株の動きに注目なのですわ。

SBI証券では、週刊日本株式アウトルックで、「年後半最大のヤマ場へ、米中欧のイベントを波乱なく通過できるか? 」というテーマのレポートを掲載しているのですわ。 米債券市場や為替市場の動向もポイントにな …

トップへ戻る