日経平均に注目ですわ!

Pocket

SBI証券では、『日経平均2万円!「予想EPS(一株利益)が最高水準更新」で、株価も高値トライか!? 』というレポートを掲載していますわ。」

日経平均採用銘柄の企業業績の方向感は、日経平均の予想EPS(一株利益)の増減に反映されると考えられますのよ。下図のように、いったん低下した予想EPSは回復しつつあり、主力の3月決算企業の業績が懸念したほど悪くないことを示していますわ。

しかし、そうした日経平均予想EPSは11/30時点で1,275円台まで上昇し、アベノミクス相場での最高水準(7/9)をクリアしてきましたのよ。企業業績が頭打ちでは株価も頭打ちになるかもしれませが、企業業績のさらなる拡大が明確になってくれば、日経平均株価が6/24の取引時間中に付けた20,952円を超えていく条件がひとつ整ったと考えられる、とSBI証券では分析していますわ。

テクニカル的にも、11月後半に株価の変動率が低下傾向を辿ったことも手伝い、過熱感は後退していますわ。日経平均株価の25日移動平均は11/30時点、19,420円99銭に位置していますので、そこから5%上方乖離(このあたりから相場反転を警戒すべきとされる)の水準まで上昇したとして20,392円、また同7%乖離(ここを超えると過熱感が強いとされる)では20,780円と計算されますのよ。さらに、上記したように日経平均株価の予想EPSは上図のとおり1,275円まで上昇してきましたが、それに予想PER16.5倍(最近の日経平均株価は予想PER15倍±10%のレンジ内で推移)を掛けると21,037円ですので、やはり21,000円は射程圏内に入っていると考えられますわ。

過去30年間のデータでは、日経平均の月別・平均騰落率は4月の1.65%に次ぎ、12月も1.55%と良好な成績ですのよ。年末相場は上昇することが多いというのが日経平均株価のアノマリーでもあり、ここは高値トライの展開を期待したい所ですわ。

関連記事

SBI証券の「マーケット・フラッシュ」に注目ですわ

SBI証券のマーケットフラッシュでは、今回の米国雇用統計についてのレポートを掲載していますわ! 先週金曜日(11/6)に発表された10月の米雇用統計で、代表的な指標である「非農業部門雇用者数」が前月比 …

SBI証券が、郵政グループ3社より割安な銘柄を探っていますわ。

11月4日(水)に郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)が東証1部に新規上場するのを控え、SBI証券では、郵政グループ3社より割安な銘柄を探っていますわ。 というのも、今後の株式市場で …

ドラッグストアの売り上げが好調なのじゃ

 今年の夏は猛暑じゃったのう。わらわもそうじゃが、制汗剤や日焼け止めが手放せない日々が続いておったのじゃ。ドラッグストアでもそうした商品の売れ行きがよく、今年はかなりの増益が期待できるようじゃ。  コ …

石油業界の再編に注目じゃ!

石油元売り国内2位の出光興産が5位の昭和シェル石油の筆頭株主となり、経営統合に向かっておるのじゃ。 石油製品の国内市場は縮小が続いておるので、再編により規模を拡大して生き残りを目指しているのじゃ。実際 …

【アベノミクスと東南アジア】

アベノミクスが与える影響について色々な角度から見てきておるのじゃが、今回は、東南アジア諸国にとってどうなのかということを見てみるのでござる。 昨年12月17日に日経新聞が報じたところによれば、野村証券 …

トップへ戻る