stock station

日本たばこ産業の1500億円の使い道に注目なのじゃ


日本たばこ産業(2914)がサントリー食品インターナショナル(2587)に飲料自動販売機子会社のジャパンビバレッジホールディングスとジャパンビバレッジエコロジーを1500億円で売却したのじゃ。営業利益としては1140億円が加わるのじゃが、その使い道がまだ未定なのじゃ。

 日本たばこ産業では配当性向50%以上を目標としているのじゃが、今回の利益が限定的なものであるため計算に含めるかは未定としているのじゃ。同社ではイギリスのザンデラに続きアメリカのロジック・テクノロジー・デベロップメントという電子たばこの大手企業を買収すると発表しており、そういった買収の投資に用いられる可能性も高いのじゃ。また、たばこブランドの「キャビン」や「キャスター」が国内中心の展開であるので、世界市場の主力銘柄である「ウィンストン」に統合し、シェアを広げていく予定もあるためその投資になるかもしれないのじゃ。

 また、サントリーの自動販売機保有台数は49万台だったのじゃが、今回の買収で26万台が増え、75万台になるのじゃ。1位のコカコーラ(2580)が83万台なので、それに迫る台数となるのじゃ。今回は日本たばこ産業の「ルーツ」や「桃の天然水」といったブランドも同時に取得しているので、生産体制に入った時に消費者が味の違いなどで離れないか、といった点でも注目されるのじゃ。

 今後、売却資金を基に配当金の上積みをするのか、自社株買いをするのか、なんらかの投資に回すのかはいまだ検討中のため、まだまだ注目を集めいているのじゃ。結論が出るのは2016年の2月の予定じゃが、どのような使い方であれ、株主への還元がなされるかは重要となるのでその使い道がきまった時、おそらく株価も大きく動くのじゃろうな。

関連記事

日経平均2万円をけん引する銘柄を詳しく見てみるのですわ!

SBI証券では、『「日経平均2万円」で本格化する選別物色?けん引役を期待される特選5銘柄はコレ!?』というテーマでレポートを掲載しているのですわ。 これらの業種の主力株の中から、来期にかけても業績拡大 …

SBI証券のレポートで、海外投資家の動向を探るのですわ!

SBI証券では、海外投資家の日本株売りが続くのか?というテーマのレポートを掲載していますわ! 前回紹介したとおり、海外投資家の傾向として、日本株を含めた世界各国への株式への投資割合を変更したりすると、 …

株セレブ。読書の秋なので本の紹介じゃ!

以前にも紹介した わらわも尊敬してる株セレブのAmazon本を紹介するのじゃ! Amazonの口コミも星5つのうち 平均が4.8というカスタマーレビューになっておるのじゃ! 口コミの中には ・何冊も似 …

【スキャルピングとは何なのじゃ?】

デイトレは、一日の中で何度も取引していき、翌日までポジションを持ちこさないのが特徴である、という話をしたのじゃが、このデイトレの一種に、スキャルピングという手法があるのじゃ。 このスキャルピングは、数 …

12月に注目したい銘柄はどんな銘柄なのか見てみるのですわ!

SBI証券では、『日銀が緩和「補完」!後の物色は?ラストチャンス!?の「12月決算」銘柄に期待』という記事を掲載しているのですわ! 今年の師走相場は、株価が予想外の波乱となりましたわ。日経平均株価は1 …

トップへ戻る