年明けの日経平均は前向きな方向になりそうなのですわ。

Pocket

SBI証券では、「波乱が続く株式市場~反発のタイミングはココ!? 」という記事を掲載しているのですわ!
波乱の様相となった日経平均ですが、年明けには空気が一変するかもしれない可能性を指摘しているのですわ。

年内は目立った上昇を見込みにくくなってきた日経平均株価ですが、年明けには一転して明るいムードになり、上昇する可能性もあるのでは、とSBI証券では予想していますのよ。

なぜなら、米国で7年間続いてきた政策金利(下限)ゼロの状態が、プラスの数字が付くようになるというのはやはり、大きな変化であり、それがもたらす変化を市場が警戒してきたことは当然といえば当然なのですわ。その意味で、非常に重要なイベントと考えられてきたFOMCを無事通過したことは市場にとって安心材料ですが、米国はすでにクリスマス休暇の季節になっていますので、相場が前向きに転換し始めるのは年明けにズレ込む可能性が大きそうということなのですわ。

12月に日経平均株価上昇の頭を押さえつけてきたNYダウは、ドル高による企業業績の悪化や原油価格の下落が逆風になってきましたのよ。事実直近の2015/7~9月期にドル・インデックスは前年同四半期比で17%上昇、WTI先物は同52%の下落となったのですわ。

ただ、下図のように、ドル・インデックスはすでにピークアウトの様相を呈していますのよ。米国が利上げ局面になり、市場参加者の多くがドル高を懸念していますが、前年との比較という意味ではピークアウトした感が強くなっていますわ。米利上げに向けて、ドルはほぼすべての通貨に対してすでに上昇し、利上げはいったん織り込まれた形ですわ。また、原油価格の下落も前年比という意味ではボトムアウトが近い状態ですわ。もともと、米家計や多くの企業には好材料とみられる原油価格の下落ですが、エネルギー企業への悪影響も今後は限定的となる可能性がありそうですのよ。

新年になり、2016年の米企業業績見通しが示唆される場面で、これらが反映されるようになってくれば、米国株式市場は上昇に向けてアクセルを踏む形になりそう、とSBI証券では予想していますわ。同様に日本経済・株式にとっても、原油安の悪い面の織り込みが一巡に向かい、いい面の効果が出てくるとみられますのよ。日経平均株価は1月に2万円を再度トライする可能性がありそう、とSBI証券では予想していますわ。

関連記事

SBI証券の「マーケット・フラッシュ」に注目ですわ

SBI証券のマーケットフラッシュでは、今回の米国雇用統計についてのレポートを掲載していますわ! 先週金曜日(11/6)に発表された10月の米雇用統計で、代表的な指標である「非農業部門雇用者数」が前月比 …

SBI証券のチャート形状銘柄検索を利用して、上昇期待銘柄を探すのですわ!

SBI証券では、銘柄検索ツールとして、「チャート形状銘柄検索」を新規導入したのですわ。 この機能は、25種類のチャート形状から、気になる形状を選ぶだけで、当てはまる銘柄を検索できるという、優れもののツ …

プロのポートフォリオ構築術に必要な5つの特徴を持つ銘柄を見てみるのですわ!

SBI証券では、『 アメリカNOW! 今週の5銘柄』というレポートで、著名な投資啓蒙家である、ジム・クレイマー氏のポートフォリオ構築術を紹介しているのですわ。 前回紹介したとおり、クレイマー氏は5つの …

米国名門大学の運用手法とは?

米国屈指の名門大学といえば、ハーバード大学やイェール大学が有名なのですわ。 超名門大学として世界的にも有名なこれらの大学は、実は機関投資家としての顔も持っており、優れた運用成績を上げているのですわ! …

東洋ゴム工業の株価が値下がりしたのじゃ

東洋ゴム工業の株価が大幅に値下がりしたのじゃ。2015年3月に免震ゴムの性能偽装問題が発覚し、交換作業などの費用としておよそ140億円を計上していたのじゃが、8月6日に交換費用などで追加損失100億円 …

トップへ戻る