stock station

年後半の日本株の動きに注目なのですわ。


SBI証券では、週刊日本株式アウトルックで、「年後半最大のヤマ場へ、米中欧のイベントを波乱なく通過できるか? 」というテーマのレポートを掲載しているのですわ。

米債券市場や為替市場の動向もポイントになるのですわ。米10年債利回りは11/9までの上昇の反動で25日移動平均線まで低下したあとの動きに注目、とSBI証券では指摘していますわ。堅調な米経済指標には金利上昇で反応を示すだろうが、急激な反応には株式市場にはネガティブ、とのことで、2013年12月高値(3.028%)を起点とした上値抵抗線を明確に上抜ければ、上昇に弾みが付く公算が大きいそうですのよ。
ドル円相場はテクニカル面では12/4-12/8は変化日となる可能性が高く、米雇用統計の結果に大きく反応することを示唆しているようにもみえる、とのことですのよ

SBI証券によれば、日経平均株価の師走相場の騰落状況は、1989年~2014年までの26年間において17勝9敗と勝ち越しとのことですわ。12月はクリスマス休暇を控えて海外投資家の売買が細る傾向が強く、内外のマクロやミクロ環境の変化に敏感に反応することが多いそうなのですわ。景気回復基調だった2003年~2006年、2008年~2010年、2012年、2013年は月末にかけて一段高となる「棹尾の一振」がみられたのですわ。
米国市場も年末に向けては堅調になる傾向が強いのですわ。原油価格の下落や株高を背景とした感謝祭明けの消費の盛り上がり度合いに加え、11月雇用統計の結果までの流れが、12月相場の方向性を決めるカギとなる、とSBI証券では指摘しているのですわ。

日経平均株価は「押し目待ちの押し目なし」の状況が続いていますわ。

「11/19の上昇でE計算値19,975円(9/29安値から10/9高値までの上昇幅を10/9高値に加えた水準)のターゲットをほぼ達成したあとは伸び悩んでいるが、20,000円前後は8月後半からの急落前にもみ合いを形成した中値水準のフシであり、当然といえば当然の動きであろう。」とSBI証券では分析していますのよ。75日移動平均線(18,868円、11/26現在)の下落基調が続いていることも影響していますわ。ただ、短期指標は依然として好転が続いており、トレンドフォローが基本スタンスとなるそうですわ。

一方、RSI(9日)は11/25現在、58.5%と低下基調が続いていますわ。50%水準を下回ると株価の天井感が強まり、調整が本格化するサインと判断してよい、とのことですわ。逆に50%を意識して再びモメンタムが強まる場合は株価の一段高のサインとなりますのよ。E計算値を明確に上回れば、2E計算値(21,512円)が当面の上値の目安となる。25日移動平均線(19,372円、同)が200日移動平均線(19,410円、同)を上抜く方向で動いており、先に調整局面を迎えたとしても両線いずれかがサポートになるだろう、とSBI証券では予測していますのよ!

関連記事

年明けの日経平均は前向きな方向になりそうなのですわ。

SBI証券では、「波乱が続く株式市場~反発のタイミングはココ!? 」という記事を掲載しているのですわ! 波乱の様相となった日経平均ですが、年明けには空気が一変するかもしれない可能性を指摘しているのです …

この本を読んで学んで、お金が貯まる方法なのじゃ!

いざ。お金を貯めよう!!と思った時に 自分一人では何から始めたら良いのか解らないことが多いのではないだろうか…。 悩んだら一人で考え込んでてもお金が貯まるものではないので まずは 誰かの真似をしてみた …

アイリッジ株が値上がりしているのじゃ

7月16日に上場初日を迎えた、ネットから実店舗への来客を促す「オンライン・to・オフライン」(O2O)の情報配信システム「popinfo」が注目されておるスマートフォンサービス・インターネットサービス …

プロのポートフォリオ構築術に必要な5つの特徴を持つ銘柄を見てみるのですわ!

SBI証券では、『 アメリカNOW! 今週の5銘柄』というレポートで、著名な投資啓蒙家である、ジム・クレイマー氏のポートフォリオ構築術を紹介しているのですわ。 前回紹介したとおり、クレイマー氏は5つの …

【1万円で買える株を見てみるのじゃ!】

自民党が政権奪取し、安倍首相肝煎りの経済政策であるアベノミクスが実施されてきておるが、このアベノミクスのおかげで、それまで冬の時代が続いた日本の株価市場も急激に沸き立ったのじゃ。アベノミクスの第一の矢 …

トップへ戻る