今日の日銀金融政策決定会合に注目ですわ!


今日、日銀金融政策決定会合が開催されますわ。
SBI証券では、ここでの追加緩和(黒田バズーカ)第3弾の有無が市場の注目を集めている、とのことで、そのことについてのレポートを掲載していますわ。
SBI証券によれば、現時点では、ある・ないのいずれの可能性も考えられるそうですわ。
なお、過去の「黒田バズーカ」第1弾、第2弾では日経平均株価がその後急騰していますわ。これがその時の日経平均株価と上昇幅・上昇率なのですわ。

そして、これが日経平均株価の週足チャートですわ。

GDPが落ち込み、生鮮食品を除く消費者物価が低迷していることから、今回の日銀金融政策決定会合で「黒田バズーカ」第3弾があるという見方、一方、もともと経済の落ち込みの主因は中国経済の減速など、海外に求められるため、今回はないとの見方もあって、可能性が拮抗しているのですわ。

SBI証券では「今回のように株価に大きな影響が考えられる経済イベントについては、事前に動くのではなく、イベント直後に上値抵抗線・下値支持線を抜けたほうについて行く戦略が良さそう」としていますわ。

関連記事

自国通貨の価値調整手段を持つ国はどうやって危機を脱したのかしら(ギリシャ問題とユーロその3)

国民投票が行われ、これ以上の緊縮財政にNOを突きつけたギリシャ。 ギリシャは2010年にギリシャ危機が発生し、そこから欧州債務危機へと被害が広がったのですわ。前回書いたとおり、ギリシャの問題の根源にあ …

年後半最大のヤマ場に差し掛かっていますのよ!

SBI証券では、週刊日本株式アウトルックで、「年後半最大のヤマ場へ、米中欧のイベントを波乱なく通過できるか? 」というテーマのレポートを掲載しているのですわ。 来週(2015/11/30~12/4)の …

第二十二回:トヨタ株でIR財務資料でCF計算書を確認するでござる

「前回はトヨタのIR資料を参考にして営業利益の確認、その後決算報告書類で貸借対照表(P7-8)、CF計算書(P13)、損益計算書(P9-12)を説明したでござる。」 「うんうん。営業利益までは分かった …

電機メーカーの先行きに不安があるのじゃ

 電機メーカーの業績は明暗が分かれ、事業再編がうまくいった企業はおおよそ増益となっておるのじゃ。  東芝(6502)が不適切会計で紙面をにぎわせていたのは記憶に新しいのじゃが、現在はその調査の影響もあ …

【デイトレに向くタイプはどんなタイプなのじゃ?】

前回はデイトレのメリット・デメリットについて書いたのじゃ。 では次に、デイトレに向くタイプについて見てみたいのじゃ。 デイトレは誰にでもできるのではないのか、という意見もあるじゃろう。基本的にはそうな …

トップへ戻る