上場した郵政グループの今後は!?


SBI証券では、11/4(水)に上場した、郵政グループの今後について「郵政グループ3社の今後は!?郵政グループ3社の次に買われそうな銘柄はコレ!? 」というレポートを掲載していますわ。

11/4(水)に郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)が東証1部に新規上場しましたわ。初値は3社とも公開価格を大きく上回り、その後の株価も堅調ですのよ。また、上場初日にSBI証券で郵政グループ3社を購入した約4割の方が投資初心者だったそうですわ。郵政グループ3社の上場を機に、多くの個人投資家が誕生したようですのよ。

今回の郵政グループ3社の初値は、表1のように3社とも公開価格を大きく上回ったのですわ。翌日11/5(木)も3社ともに値上がりしましたのよ。
これが、郵政グループ3社の株価動向ですわ。

郵政グループ3社のうち、かんぽ生命は公開価格に対し33.1%高の2,929円で初値を付け、その後ストップ高となり、さらに、翌日11/5もストップ高直前まで上昇する局面がありましたのよ。

郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)の公開価格について、株価指標面では、強い割安感がある水準でしたのよ。しかし、11/5終値時点での株価指標を見ると、ゆうちょ銀行と日本郵政の実績PBRを除けば、特に割安感のある水準ではないのですわ。特に大きく株価が上昇したかんぽ生命については、東証1部平均と比べても割安感のある水準とは言えないとSBI証券では評していますわ。

なお、3銘柄の値動きに差がついたのは、単に需給の問題だったそうですわ。

上表からわかるとおり、かんぽ生命は他の2社より一桁少ない6,600万株しか売出株がなかったのですわ。日本経済新聞の報道によると、かんぽ生命は10倍以上、ゆうちょ銀行は5倍以上、日本郵政も5倍以上の抽選倍率だったそうですのよ。かんぽ生命は当たりにくかったので、買えなかった投資家が多く、その投資家が、上場初日に市場で買い向かったそうですわ。なお、SBI証券内での売買動向では、11/4上場初日に郵政グループ3社を買った投資家の39.1%は、抽選で外れた投資家だったそうですのよ。

初値を付けてからは、2種類の投資家層が売買した、とSBI証券では分析していますわ。ひとつはデイトレーダーで、11/4SBI証券の売買動向では、郵政グループ3社を買った株数の46.5%は当日中に売却されていたそうですわ。もうひとつは、投資初心者を中心とする中・長期の投資家層だったそうですわ。11/4に郵政グループ3社を購入した38.7%が投資経験のない投資初心者だったのですわ。

売出株・市場での買い付けともに、投資初心者が数多く購入したのが、今回の郵政グループ3社の新規公開の大きな特徴なのですわ。「貯蓄から投資へ」の国策のまさに起爆剤となったのが、今回の郵政グループ3社の新規公開だった、とSBI証券では評していますのよ。

関連記事

東京ゲームショウが始まるのじゃ

 9月17日から、幕張メッセにて東京ゲームショウ2015が始まるのじゃ。国内最大級のゲームの祭典ということで、毎年注目を浴びているのじゃ。そして、その注目は株価にも現れておるのじゃ。  スマートフォン …

スーパーに転機なのじゃ

 時代も変われば在り様も変わるのじゃなぁ。かつて総合スーパーが登場し、その便利さから多くの人が買い物に訪れたのじゃ。その後、形を少しずつ変えながら増えていった総合スーパーは、消費の多様化によって淘汰さ …

最高益更新銘柄の詳細を見てみるのですわ

前回、前々回と紹介した、SBI証券で取り上げた最高益更新銘柄について、詳細を見てみるのですわ! 清水建設(1803) ゼネコン大手。2020年の東京五輪開催に向け「国土強靭化」がスローガンとなる中、着 …

SBI証券の食品株についてのレポートに注目ですわ!

SBI証券ではとても勉強になるレポートを多数掲載しているのですわ! 今回掲載しているのは、食品株についてのレポートですわ。 食品株はディフェンシブ株であると一般的に考えられていますわ。景気の先行きが悪 …

スマホ向けゲーム会社をチェックじゃ

 今や街中でスマホをいじっているのは当たり前の風景になっておるのう。ツイッターやLINEをやっている人や電子書籍を読んでいる人も多いが、ゲームをやっている人も多いのじゃ。  大人気なのがミクシィ(21 …

トップへ戻る