stock station

上場した郵政グループの今後は!?


SBI証券では、11/4(水)に上場した、郵政グループの今後について「郵政グループ3社の今後は!?郵政グループ3社の次に買われそうな銘柄はコレ!? 」というレポートを掲載していますわ。

11/4(水)に郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)が東証1部に新規上場しましたわ。初値は3社とも公開価格を大きく上回り、その後の株価も堅調ですのよ。また、上場初日にSBI証券で郵政グループ3社を購入した約4割の方が投資初心者だったそうですわ。郵政グループ3社の上場を機に、多くの個人投資家が誕生したようですのよ。

今回の郵政グループ3社の初値は、表1のように3社とも公開価格を大きく上回ったのですわ。翌日11/5(木)も3社ともに値上がりしましたのよ。
これが、郵政グループ3社の株価動向ですわ。

郵政グループ3社のうち、かんぽ生命は公開価格に対し33.1%高の2,929円で初値を付け、その後ストップ高となり、さらに、翌日11/5もストップ高直前まで上昇する局面がありましたのよ。

郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)の公開価格について、株価指標面では、強い割安感がある水準でしたのよ。しかし、11/5終値時点での株価指標を見ると、ゆうちょ銀行と日本郵政の実績PBRを除けば、特に割安感のある水準ではないのですわ。特に大きく株価が上昇したかんぽ生命については、東証1部平均と比べても割安感のある水準とは言えないとSBI証券では評していますわ。

なお、3銘柄の値動きに差がついたのは、単に需給の問題だったそうですわ。

上表からわかるとおり、かんぽ生命は他の2社より一桁少ない6,600万株しか売出株がなかったのですわ。日本経済新聞の報道によると、かんぽ生命は10倍以上、ゆうちょ銀行は5倍以上、日本郵政も5倍以上の抽選倍率だったそうですのよ。かんぽ生命は当たりにくかったので、買えなかった投資家が多く、その投資家が、上場初日に市場で買い向かったそうですわ。なお、SBI証券内での売買動向では、11/4上場初日に郵政グループ3社を買った投資家の39.1%は、抽選で外れた投資家だったそうですのよ。

初値を付けてからは、2種類の投資家層が売買した、とSBI証券では分析していますわ。ひとつはデイトレーダーで、11/4SBI証券の売買動向では、郵政グループ3社を買った株数の46.5%は当日中に売却されていたそうですわ。もうひとつは、投資初心者を中心とする中・長期の投資家層だったそうですわ。11/4に郵政グループ3社を購入した38.7%が投資経験のない投資初心者だったのですわ。

売出株・市場での買い付けともに、投資初心者が数多く購入したのが、今回の郵政グループ3社の新規公開の大きな特徴なのですわ。「貯蓄から投資へ」の国策のまさに起爆剤となったのが、今回の郵政グループ3社の新規公開だった、とSBI証券では評していますのよ。

関連記事

NY市場の動きから波乱含みの日経平均の動きを分析するのですわ!

SBI証券では、「波乱が続く株式市場~反発のタイミングはココ!? 」という記事を掲載しているのですわ! 前回書いた通り、日経平均は2万円台に突入したかと思ったら、18,000円台まで下がるなど、波乱の …

日経平均2万円で牽引を期待される銘柄に注目するのですわ!

SBI証券では、『「日経平均2万円」で本格化する選別物色?けん引役を期待される特選5銘柄はコレ!?』というテーマでレポートを掲載しているのですわ。 日経平均株価の反発局面が続いていますのよ。8/11の …

第五回:「投資」と「投機」の中間をするでござる②

「前回は「分散」について説明したでござる。 具体的な「分散」とは買う時間、買う銘柄、株式を買う国 投資商品全てでござるな。」 「私みたいに1つの銘柄に全財産を投入するのは駄目でございますわね。」 「左 …

ギリシャショック前のギリシャはどんな経済構造だったのかしら?(ギリシャ問題とユーロその5)

前回までは、通貨発行権を持つ国が経済危機に直面した場合、どのような方法で危機を脱したか、ということについて紹介したのですわ。 ギリシャの場合、通貨発行権がないため、例に挙げたタイやインドネシアのような …

【アベノミクスの金融政策を確認してみるのじゃ!】

これまでアベノミクスの効果について色々と見てみたのじゃが、その中でも一番の要となっているのが、金融政策なのじゃぞ。 安倍首相も言っていたとおり、デフレからの脱却がまず第一の目的なのじゃ。 このデフレか …

トップへ戻る