プロのポートフォリオ構築術を学ぶのですわ!

Pocket

SBI証券では、『 アメリカNOW! 今週の5銘柄』というレポートで、著名な投資啓蒙家である、ジム・クレイマー氏のポートフォリオ構築術を紹介しているのですわ。

このポートフォリオ構築術は、11/25のCNBC「マッド・マネー」で、個人投資家が自身で株式のポートフォリオを作る場合のアドバイスとして、紹介されたものなのですわ。米国の個人投資家向けの話ですが、日本の投資家にも十分参考になると思われる、とのことなのですわ!

さて、気になるジム・クレイマーのポートフォリオ構築術ですが、まず重要なのは、分散投資とのことなのですわ。
分散は最低10銘柄、最大15銘柄までとしていますのよ。これくらいの銘柄であれば、個々の銘柄をフォローして、「ホームワーク」(決算リリース等を読んで会社の業況を把握すること)も可能なのですわ。米国株の場合1株から取引できるため、投資資金の多寡にかかわらず10銘柄のポートフォリオを作るのは可能ですのよ!

ジム・クレイマーは、分散するときの視点として、以下の5つの特徴をもつ銘柄に分散することを勧めているのですわ!

1. 金(Gold)
2. 配当利回りの高い株(A dividend-paying stock with high yield)
3. 成長株(Growth stocks)
4. 思惑で動く株(Speculative stocks)
5. 経済が健全な地域の株(Stocks from a healthy geography)

こうすることで、「感情」(personal emotions)に対する防御になると、ジム・クレイマーは説いているのですわ。どのような相場でも、ポートフォリオのどれかが物色されている状態が期待され、パニックになることを防いで冷静な判断ができる環境を作るのが目的なのだそうですわ。

プロのファンドマネージャーで、投資理論に精通し、投資経験を積んでも、最後に残る問題は、『常に冷静な判断ができるか』というメンタルなのですわ。
今回紹介した分散する時の視点をぜひ参考にしてみるのですわ!

関連記事

欧州債務危機後のギリシャ(ギリシャ問題とユーロその12)

EUは統一通貨ユーロを使用した統一経済圏なのにも関わらず、勝ち組と負け組に別れてしまっています。欧州債務危機後、ギリシャは経済危機直後の最悪の状態を一時的に抜け出したものの、2008年にピークだったG …

日銀が買いを増やす銘柄に注目ですわ。

12/18(金)に日銀金融政策決定会合があり、現在の金融緩和策を補完する新たな制度の導入を決めました。日銀は、金融政策決定会合で、大規模な金融緩和策を補完するため、設備投資や人材投資に積極的な企業の株 …

GDPがマイナスでも日経平均が大幅安にならないのは何故?

SBI証券では、「GDPマイナスだが日経平均が大幅安にならない要因は?」というテーマでレポートを掲載していますわ。 今週月曜日に発表されたGDPは2四半期連続のマイナスとなるのですわ。2014年4月~ …

アメリカの雇用大幅増!日経平均に注目ですのよ。

SBI証券のマーケットフラッシュでは、今回、『米雇用大幅増!日経平均は2万円回復も!?』というレポートを掲載していますわ。 昨日ご紹介したとおり、先週金曜日に発表された米国の雇用統計では、事前予測を上 …

クレディ・スイス証券の投資判断に注目なのじゃ

 クレディ・スイス証券をしっておるかのう?クレディ・スイス証券はスイスにあるユニバーサルバンクの日本における証券・投資銀行業務を展開する会社で、定期的に投資判断を発表しておるのじゃ。  9月16日に投 …

トップへ戻る