ドラッグストアの売り上げが好調なのじゃ

Pocket

 今年の夏は猛暑じゃったのう。わらわもそうじゃが、制汗剤や日焼け止めが手放せない日々が続いておったのじゃ。ドラッグストアでもそうした商品の売れ行きがよく、今年はかなりの増益が期待できるようじゃ。

 ココカラファイン(3098)では2016年3月期の連結純利益が前期比で3倍となる50億円との予測を発表したのじゃ。商品構成がうまくいったこともあり、連結営業利益も88億円となり、従来の予想を25億円ほど上回りそうなのじゃ。同じくドラッグストア大手であるマツモトキヨシホールディングス(3088)、ツルハホールディングス(3391)も増収増益となっているのじゃ。

猛暑だけではなく、ドラッグストアには訪日外国人が多く来ることも要因となっておるのじゃ。医薬品や化粧品、健康食品などが大量に買われるため、関連銘柄と共に好調なのじゃ。特にマツモトキヨシは訪日客のおかげで2015年の4月から6月の純利益が同時期としては過去最高となったのじゃ。サンドラッグ(9989)も免税対応店を300店に増やし、訪日外国人客の需要を受け、最高益を更新したのじゃ。

 こうしたインバウンドと呼ばれる訪日外国人客の増加には注目が集まっておるのじゃが、三井住友信託銀行では訪日外国人客に関連した銘柄の株式で運用する新たな日本株投資信託を開発し、8月31日に発売する予定なのじゃ。投資対象はドラッグストアや電気店、デパートなどの小売、化粧品メーカーや家電メーカー、食品メーカーなどの製造などインバウンド関連で需要が伸びる銘柄全般となるのじゃ。訪日客が続く現在はまだまだ伸びていきそうな期待がもたれる反面、世界株式市場が先行き不安なためその影響も受けやすいのではないかと不安も持たれそうなのじゃ。

関連記事

海運業が不調なのじゃ

 海運業が値下がり傾向となり、海運業大手の日本郵船(9101)や商船三井(9104)は9月2日に年初来安値となったのじゃ。また、同じく大手の川崎汽船(9107)も値下がりが続いておるのじゃ。  海運は …

スーパーに転機なのじゃ

 時代も変われば在り様も変わるのじゃなぁ。かつて総合スーパーが登場し、その便利さから多くの人が買い物に訪れたのじゃ。その後、形を少しずつ変えながら増えていった総合スーパーは、消費の多様化によって淘汰さ …

第四回:「投資」と「投機」の中間をするでござる③

「前回は ①目標を決めること ②必要な利回りを計算すること ③利回りを確保できる投資商品の組合せを選ぶ の大切さを教えたでござる。 特に①の目標を決めることは大切でござるよ。 目標とはいくらの金額(元 …

ラストチャンス!?の12月決算銘柄はこちらなのですわ!

SBI証券では、『日銀が緩和「補完」!後の物色は?ラストチャンス!?の「12月決算」銘柄に期待』という記事を掲載しているのですわ! 前回紹介したとおり、『リスクはあるものの予想配当利回りがより高い銘柄 …

TOBはチャンスなのじゃ

 近頃は生命保険業界において、各社の統合や株式公開買い付けが盛んにおこなわれておるのじゃ。じゃがそういった動きは保険業界だけではなく、様々な業界で動いておるのじゃ。  データセンターを運営している,b …

トップへ戻る