stock station

ギリシャショック後のギリシャをめぐる動きはどうだったのかしら?(ギリシャ問題とユーロその7)


ギリシャは欧州債務危機発生時よりは幾分マシな状態に一時的にはなりましたのよ。でもそれは、景気が良くなったと言える状態ではなく、依然として経済状態は悪いまま、あくまでも底の状態を脱したに過ぎない状況だったのですわ。

ギリシャは国家財政を立て直すために、EU諸国とIMFからの支援を受けたのですわ。そしてそれと引き換えに、EUとIMFからの財政再建要求を呑み、公務員改革等、様々な改革を行いましたわ。ギリシャによって欧州債務危機が発生し、これがEU経済に大きな影響を与えたとはいえ、EU経済そのものが破たんしたわけではなく、あくまでも一部が危機的状況に陥ったに過ぎなかったのですわ。そのため、本来であればEU内だけで支援するのが筋なのですが、敢えてIMFが出てきたのには、統一通貨のユーロというシステムに欠陥があったためですわ。

というのも、EU加盟国ではユーロを使用し、ECB(欧州中央銀行)が統一した金融政策で金利をコントロールしているにも関わらず、財政政策は各国が独自に決めていますのよ。もし財政政策も金融政策と同様に統一されていれば、わざわざIMFに頼らずとも、EU内だけでこの問題の対処をしていたと考えられますわ。しかし、ユーロは、景気後退や加盟国の財政破たんを考慮した上で作られたシステムではありませんでしたのよ。そのため、ギリシャの引き起こした問題に対応することができず、結果としてIMFに頼ることとなったのですわ。

関連記事

【アベノミクスの課題を考えるのじゃ!】

以前も紹介したとおり、アベノミクスで日銀は量的緩和政策を採っておるのじゃ。 量的緩和を行うために国債を買うわけじゃが、この時点ではインフレ率が変動するわけではないのじゃ。 インフレ率とは、生産者が働き …

【板の見方をさらに学ぶのじゃ!】

前回板の見方について取り上げたのじゃが、初心者はこの板の意味が分からないことが多いのじゃ。 この板では、売りと買いのせめぎ合いが見られるのじゃ。今この銘柄に、どれだけの買注文と売注文が入っているのかが …

12月に注目したい銘柄はどんな銘柄なのか見てみるのですわ!

SBI証券では、『日銀が緩和「補完」!後の物色は?ラストチャンス!?の「12月決算」銘柄に期待』という記事を掲載しているのですわ! 今年の師走相場は、株価が予想外の波乱となりましたわ。日経平均株価は1 …

【アベノミクスによる中国経済の影響】

アベノミクス開始後、円は急速に下がり続けるのに並行して、中国の鉄道貨物輸送量が急激に落ち込む傾向が顕著になっているのじゃ。なぜ円安・人民元高と中国景気不調共振するのかを今回は見てみるのじゃ! 人民元は …

食品株が脱ディフェンシブの動きを見せているのですわ!

SBI証券では、食品株についてのレポートを掲載しているのですわ。 昨日紹介したとおり、食品株は上昇トレンド時について、上昇率はTOPIXよりも低いのですけど、下降トレンドになった時の下落率がTOPIX …

トップへ戻る