ギリシャショック前のギリシャはどんな経済構造だったのかしら?(ギリシャ問題とユーロその5)


前回までは、通貨発行権を持つ国が経済危機に直面した場合、どのような方法で危機を脱したか、ということについて紹介したのですわ。
ギリシャの場合、通貨発行権がないため、例に挙げたタイやインドネシアのような独自の経済政策で経済危機を脱することができないことが問題なのですわ。

では、そもそも経済危機以前のギリシャはどんな経済構造だったのでしょうか?

ギリシャと言えば、パルテノン神殿などの遺跡や、白い壁の家が立ち並ぶ地中海の美しい島々など、観光地としてのイメージが強いのではないかしら?以前も書いたとおり、ギリシャの主要産業は観光業と海運業ですわ。

実際、ギリシャは観光業がGDPのおよそ20%にもなりますのよ。観光立国は不況のあおりを受けやすいのが特徴ですわ。というのも、世界的に不況になった場合、まずは観光等のレジャー費を皆抑えようとするからですわ。そのため、観光そのものに行かなくなったり、もっと安く観光できる国に行くようになりますのよ。また、以前書いたように、ギリシャでは頻発するデモで治安が悪化したり、ストライキ等で交通機関がマヒするなど、観光客が寄りつかなくなるような状態になっていたのですわ。

ギリシャが観光立国でいられたのも、同じヨーロッパに、イギリス、ドイツ、スイス等、所得の高い国があったからですわ。しかし、欧州全体が不況に陥ってしまうと、今までギリシャに来ていた観光客は、より安く観光できる他の国へ奪われてしまいますわ。これに対し、ギリシャは為替レートの切り下げで対応し、観光客の減少に歯止めをかけることができませんわ。なぜなら、共通通貨のユーロを使用しているからなのですわ。

その後のギリシャは、EUとIMFによる財政再建要求を呑み、公務員改革、年金改革を実施したのですわ。その甲斐あってか、2013年にはプライマリー予算の黒字化になんとか成功し、2014年4月には3bnユーロの五年債を5%弱のクーポンで発行することができるまでになりましたわ。また、株価指数が欧州債務危機後の最安値から約2年で3倍近く上昇し、目玉の観光業もようやく持ち直してきましたのよ。複数の外資系企業がギリシャへの投資を決定し、アテネ近郊やイオニア海の島々のリゾート開発を外資系企業が行うなど、一時に比べて活気が戻った時期もあったのですわ。

関連記事

【1万円で買える株を見てみるのじゃ!】

自民党が政権奪取し、安倍首相肝煎りの経済政策であるアベノミクスが実施されてきておるが、このアベノミクスのおかげで、それまで冬の時代が続いた日本の株価市場も急激に沸き立ったのじゃ。アベノミクスの第一の矢 …

日銀が買いを増やす銘柄について、指数ごとのETF時価総額を見てみるのですわ!

12/18(金)の金融政策決定会合で、日銀は大規模な金融緩和策を補完するため、設備投資や人材投資に積極的な企業の株式が含まれるETFを年間およそ3,000億円買い入れる新たな枠の設置を決めたのですわ。 …

日経平均2万円台のポイントをチェックするのですわ!

SBI証券では、『日経平均2万円!「予想EPS(一株利益)が最高水準更新」で、株価も高値トライか!? 』というレポートを掲載していますわ。」 先日久しぶりに2万円台を回復した日経平均は、今は19,00 …

鉄鋼業が不調なのじゃ

 鉄鋼製品は産業には欠かせず、家電や自動車、道路に橋と多くのものに使われておる。そんな鉄鋼業じゃが、最近はアジア諸国での鉄鋼生産が急成長したことや円高により製造業の拠点が海外に移動したことで生産量が伸 …

ユーロの勝ち組(ギリシャ問題とユーロその10)

前回書いたとおり、EUでは加盟国内での差の是正ができず、ユーロを使用している地域での税収の再配分が行われることはありませんわ。というのも、同一通貨を使用しているとはいえ、国が違うために税収の再配分が行 …

トップへ戻る