stock station

ギリシャが抱えていた問題(ギリシャ問題とユーロその13)


前回書いたとおり、ギリシャでは欧州経済危機後も経済が冷え切っていたのですわ。

景気が悪化したギリシャでは、当然ながら消費が拡大することはありませんわ。失業率は増加し、消費は落ち込みましたのよ。これにより経済全体が縮小し、デフレとなりましたわ。もともとギリシャは慢性的なインフレと貿易赤字が長年の問題だったにも関わらず、デフレになる、ということは想像以上にギリシャの需要不足は深刻であるということなのですわ。

というのも、ギリシャが長年悩まされ続けてきた高いインフレ率と貿易赤字は、ギリシャの需要と供給の差が著しかった(需要>供給であった)ことが原因でしたのよ。すでに書いたとおり、ギリシャには目玉となる産業が観光業くらいしかなく、また、我々日本人のように熱心に働く文化ではなかったため、需要に対する供給能力が低かったのですわ。

また、ギリシャは国の財政のキャパシティ以上の公務員と年金制度を抱えていましたわ。脱税も横行するなどザルとも言える税務制度にも問題があるので、これらにメスを入れることは必要でしたのよ。しかし、支援を受ける代わりに要求された給与カット・リストラ等の公務員改革や年金改革等の厳しい緊縮財政は、ギリシャの直面している経済問題を解決するものではなく、余計に悪化させたのですわ。

欧州危機後、最悪の危機的経済状況は脱したものの、ギリシャの国民所得は激減し、失業率は高く(もともと公務員が国民の4割にも上っていたことを考えれば当然ですが)、貧しさに拍車がかかっていますわ。そんな中、緊縮財政の一環として増税したわけですから、状況はますます悪くなりますのよ。緊縮財政により社会保障や公的医療サービスは縮小し、貧困の中、飢えに苦しむ人も出てきたのですわ。経済危機以前にはすでに景気が悪化し消費も冷え込んでいたものの、ここまでひどくはありませんでしたのよ。それがここまで進行してしまったのには、過剰な緊縮財政を続けたことが原因なのですわ。

関連記事

プロのポートフォリオ構築術に必要な5つの特徴を持つ銘柄の続きなのですわ!

SBI証券では、『 アメリカNOW! 今週の5銘柄』というレポートで、著名な投資啓蒙家である、ジム・クレイマー氏のポートフォリオ構築術を紹介しているのですわ。 前回紹介したとおり、クレイマー氏は5つの …

日本銀行が買いを増やす上昇基調の銘柄に注目ですわ!

12/18(金)の金融政策決定会合で、日銀は大規模な金融緩和策を補完するため、設備投資や人材投資に積極的な企業の株式が含まれるETFを年間およそ3,000億円買い入れる新たな枠の設置を決めたのですわ。 …

時計がよく売れているのじゃ

そういえば中国からの観光客は腕時計などもよく買っておるようじゃの。ロレックスやオメガなど海外ブランド品がよく売れるのが少し不思議じゃが、中国では輸入ブランド品に対する関税が高いため、日本で買ったほうが …

食品株が脱ディフェンシブの動きを見せているのですわ!

SBI証券では、食品株についてのレポートを掲載しているのですわ。 昨日紹介したとおり、食品株は上昇トレンド時について、上昇率はTOPIXよりも低いのですけど、下降トレンドになった時の下落率がTOPIX …

海外売上の高いグローバルな食品株を見てみるのですわ!

現在、日本の食品株をけん引する大手企業には、グローバル展開しているところが増えているのですわ。 SBI証券では、「現在の世界経済の方向感を考慮すれば、ディフェンシブ銘柄としての食品株に再度スポットが当 …

トップへ戻る