キリンがミャンマーに進出なのじゃ!

Pocket

キリンホールディングス(2503)がミャンマーのビール会社で最大手であるミャンマー・ブルワリーを買収したのじゃ。費用はおよそ697億円なのじゃ。

 日本国内ではビールの販売量が減少傾向にあり、キリンのほかアサヒグループホールディングス(2502)やサッポロホールディングス(2501)もビール類の販売数量は減少傾向にあるのじゃ。そんな中、ミャンマーのビールシェアの8割を占めるミャンマー・ブルワリーを買収したことで、海外シェアの拡大に弾みをつけることとなるのじゃ。ただ、ミャンマーでのビール市場は日本の26分の1程度で、一人あたりの消費量も12分の1なのじゃが今後の成長に期待は持てるのじゃ。

 国内では各社ともビールや第三のビールは不振ではあるものの、発泡酒は出荷量が伸びているのじゃ。キリンの「淡麗プラチナダブル」やサッポロの「極ゼロ」、アサヒの「クリアアサヒ」といった糖質やプリン体ゼロの機能性商品が好調に売り上げ、商戦が活発となっているのじゃ。現在はノンアルコールビールに焦点が集まっており、健康志向や美容意識に訴える機能性をもたせることで増産しているのじゃ。今後も様々な売りを持った商品の開発が進み、各社の競争も激化すると思われるのじゃ。

 キリンホールディングスの買収は株主に好感をもたれ、発表翌日のキリンホールディングスの株価は上昇傾向となったのじゃ。これからキリンの技術を投入することでどれだけミャンマーでの売り上げが伸びていくかで今後も新興国への買収・進出が進むかもしれず、株価の値動きがますます大きくなるかもしれないのじゃ。ミャンマー市場にも注目じゃの。

関連記事

【デイトレに向くタイプはどんなタイプなのじゃ?】

前回はデイトレのメリット・デメリットについて書いたのじゃ。 では次に、デイトレに向くタイプについて見てみたいのじゃ。 デイトレは誰にでもできるのではないのか、という意見もあるじゃろう。基本的にはそうな …

自然災害に注意なのじゃ

 先週末に茨城・宮城で洪水が起こり、多くの人が被害にあったと思えば週が明けて月曜日、今度は阿蘇山が噴火したとの報道で、今年の9月は気が抜けない月となったのじゃ。亡くなった方には心よりお悔やみ申し上げる …

売上高営業利益率とは何なのじゃ?(ファンダメンタル1)

株式投資をする際、トレーダーの多くが株価のチャートを見ると思うのじゃ。 チャートを見て取引するのは非常に重要で、売買のタイミングを計るのには必要なことなのじゃぞ!チャートからトレードの判断をすることを …

【アベノミクスの金融政策を確認してみるのじゃ!】

これまでアベノミクスの効果について色々と見てみたのじゃが、その中でも一番の要となっているのが、金融政策なのじゃぞ。 安倍首相も言っていたとおり、デフレからの脱却がまず第一の目的なのじゃ。 このデフレか …

海外投資家の今後の方向性を、SBI証券のレポートで探るのですわ!

SBI証券では、海外投資家による日本株売りが今後続くのか?というテーマでレポートを掲載していますわ。 昨日紹介したとおり、海外投資家は前月のTOPIXの変化率と米国株の荒れ具合の動向に影響を受けている …

トップへ戻る