【1万円で買える株を見てみるのじゃ!】

Pocket

自民党が政権奪取し、安倍首相肝煎りの経済政策であるアベノミクスが実施されてきておるが、このアベノミクスのおかげで、それまで冬の時代が続いた日本の株価市場も急激に沸き立ったのじゃ。アベノミクスの第一の矢の効果により株価や為替レベルが大幅に改善されたのはご存知のとおりなのじゃ。2012年12月から2014年3月までの株価の上昇率は、NYダウが24%、ドイツDAXが23%だったのに対し、日経平均株価は2倍以上の50%大幅な上昇率となったのじゃから、アベノミクスが株価市場に与えたインパクトの大きさが分かるのう。

その後も日銀の追加緩和が発表され、株式市場はさらに沸き立っておるわけじゃ。株価上昇の千載一遇のチャンスに乗り遅れたくない!という方も多いじゃろう。しかし、「資金にそれほど余裕がないから、高位株は買えない」なんていう方もいるのでは?
そんな方のために、低価格で買える銘柄を紹介するぞ!
今回のテーマは1万円で買える株についてじゃ。
アベノミクスによって刺激された株式市場じゃが、それまであまり注目されていなかった低位株にもチャンスが巡ってきつつあるのじゃ。1万円で買える低位株の中から、いくつかをピックアップしてみるのじゃ!

●中外鉱業
(東2 1491) 株価29円 売買単位…100株 PER…138.10 PBR…1.10 決算月…3月
スクラップから貴金属を精製するリサイクル事業を中心に、不動産事業、宝飾品の販売などを行っている。レアメタルに注目し、研究を行っている。2010年のエネルギー基本計画にて示された「2030年にレアメタルの自給率50%」では権益とリサイクル分でこの目標を達成するとあり、今後の成長が期待される。

●ヤマシナ
(東2 5955) 株価63円 売買単位…100株 PER…29.17 PBR…1.00 配当利回り…1.59% 決算月…3月
ネジの製造が主力。前期不調だったネジの販売が好転したが、電線・ケーブル事業が低調だった。また、安定した収益を誇り、同社の経営を下支えしている不動産事業は今期も堅調で、売上高・営業高ともに増益。低位株ではあるものの、きちんと配当も出している。

1万円で買える株は、この他にも色々あるのじゃ。
金額的に低位株が多くなり、中にはほとんど値動きのないものもの多いのじゃ。そのような銘柄はデイトレ向きではないので、長期保有を考えた方が良いぞ。長期保有した場合、政策等の恩恵を受けてゆるやかでも上昇傾向にあるものであれば、買いなのじゃ!

次回はもう少し金額を上げて、3万円以内で買える株を見てみるのじゃ。

関連記事

米国名門大学の運用手法とは?

米国屈指の名門大学といえば、ハーバード大学やイェール大学が有名なのですわ。 超名門大学として世界的にも有名なこれらの大学は、実は機関投資家としての顔も持っており、優れた運用成績を上げているのですわ! …

株姫、トリドールに目を付ける!の巻

~前回までのあらすじ~ バンナムが思わぬバブリーに恵まれ、日経平均が下がっても根強い上げを見せた先週。 株姫は寝坊して上げの時に買えずジマイでしたとさ。 株って余裕っしょ~♪(買ってないケド) まった …

食品株が脱ディフェンシブの動きを見せているのですわ!

SBI証券では、食品株についてのレポートを掲載しているのですわ。 昨日紹介したとおり、食品株は上昇トレンド時について、上昇率はTOPIXよりも低いのですけど、下降トレンドになった時の下落率がTOPIX …

SBI証券の海外投資家の動向のレポートに注目なのですわ!

SBI証券では、海外投資家の日本株売りが続くのか?というテーマでレポートを掲載していますわ。 2005年1月から2015年9月の間、海外投資家の日本株売買動向が、前月の相場動向に影響を受けているかどう …

予想配当利回りが高い銘柄への投資ポイントを探るのですわ!

SBI証券では、『日銀が緩和「補完」!後の物色は?ラストチャンス!?の「12月決算」銘柄に期待』という記事を掲載しているのですわ! 今回紹介するのは、『リスクはあるものの予想配当利回りがより高い銘柄の …

トップへ戻る