【金融緩和で株や為替にはどのような効果があったのじゃろうか?】

Pocket

2月19日、日経平均株価の終値は18,264円となり、終値ベースでは2000年5月2日以来およそ14年9ヶ月ぶりの高値を回復したのじゃ。野田佳彦前首相が衆議院解散を明言した2012年11月14日の終値8,665円からの値上がり幅は9,600円で、2年3ヶ月で株価は2倍以上になった計算じゃ。

株価が大きく上昇したのは企業業績と市場心理の両方が改善したためじゃ。

業績改善の背景にはもちろん個別企業の努力もあるのじゃが、何といっても円安の進行(超円高の是正)や国内外の景気回復によるところが大きいじゃろう。日経平均ベースの1株あたり利益(EPS)で見ると、2012年11月14日の647円から直近の1,078円まで431円、率にして67%の増益となったのじゃ。

一方で、市場心理の改善には景気回復なども影響しているが、忘れてならないのは日銀の金融緩和じゃ。特に、ETF(上場投資信託)の買入れは投資家が株式に求める利回り(リスクプレミアム)を下げるため株式が買われやすくなり、その結果として株価を押し上げる効果があるのじゃ。

値上がり幅9,600円を企業業績と市場心理それぞれがもたらした効果に分解すると、企業業績の改善効果が6,847円で約7割を占めるが、市場心理の改善効果も2,753円に及ぶのじゃが、これは”日銀効果”と言ってもよいじゃろう。

気掛かりなのはPER(株価収益率)が17.0倍まで上昇したことじゃ。PERは株価の割高・割安を測る代表的な指標で、高いほど割高を意味するのじゃが、歴史的にはPER14〜16倍が適正と考えられるのじゃ。もっとも、現在が景気回復局面だとすれば「今後の業績改善を株価が先取りしている」という説明で16倍超のPERを正当化することもできるのじゃが、それでも現在の17倍という水準に割安さは感じられないのじゃ。

一方、PERなど気にせず株価がどんどん上がっていく可能性を完全に否定することもできないのじゃ。しかしそれは”バブル”に過ぎないし、バブルは早晩弾けることを歴史はとっくに証明済みじゃ。
今後、バブルではなく健全な形で株価が上昇するためには、企業業績の継続的な改善が必要条件となるのじゃ。

関連記事

【株価の急落は結構な頻度であるのじゃ!】

わらわが株取引をやっていて思うのは、暴騰よりも暴落のインパクトは強い、ということなのじゃ。 もちろん、暴騰もインパクトは強いのじゃ。突如として上がったということで、市場参加者からの注目も集まり、人気銘 …

ギリシャ危機って何かしら?(ギリシャ問題とユーロその1)

最近何かと話題にのぼっているギリシャ。ユーロを離脱するか否かが注目されていますが、2010年にギリシャ危機を引き起こしたのは、まだ記憶に残っているのではないかしら? 長引くギリシャ問題の原因をおさらい …

SBI証券の株主優待検索機能を使って、20万円で買える高配当優遇銘柄を探すのですわ!

SBI証券では、福の神レポートで、『注目 20万円で買える割安・高配当優待銘柄はコレだ!?』というレポートを掲載しているのですわ。 この福の神レポートが掲載するタイミングを考慮した結果、株主優待銘柄を …

SBI証券が、郵政グループ3社より割安な銘柄を探っていますわ。

11月4日(水)に郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)が東証1部に新規上場するのを控え、SBI証券では、郵政グループ3社より割安な銘柄を探っていますわ。 というのも、今後の株式市場で …

【空売りでどんな相場でも勝ち抜くトレーダーになるのじゃ!】

わらわはいつも優良株を探しておるぞ!わらわだけでなく、株取引を行うトレーダーは大抵、優良株を買いたいと考えているのではないじゃろうか? 優良株は手堅いことに加え、値動きも少なく、動いても、ある程度パタ …

トップへ戻る