【デイトレを始める前に】


前回も書いたとおり、現在のマーケットは2005年頃のような上昇トレンドにあるのじゃ。トレーダーにとって嬉しいことじゃし、株を発行している企業にとっても喜ばしいことなのじゃぞ。

とはいえ、2005年頃のように多くの人が株取引に熱狂し、猫も杓子もデイトレという状態になるのは避けたいものじゃ。デイトレは簡単に儲かるものではない、ということを肝に銘じるべきなのじゃぞ。

誰でも株を買えば儲かる相場というのは、得てして「間違った投資スタイルで偶然勝つ」ことが多いのじゃ。偶然勝つのが本当に「ごくごくたまに」であれば良いのじゃが、上昇トレンド時は、この「偶然」が頻発してしまうのが問題じゃぞ。そのため、本当は間違った取引スタイルで株をやっているにも関わらず、それに気づかず過ごしてしまうのじゃ。そして、いざトレンド転換すると、大きなダメージを受けてしまい、相場から退場することとなってしまうのじゃ。

このようにたまたま勝てた経験が仇となることがあるのじゃぞ。そのため、たまたまではない、きちんとしたテクニックを身に着けてデイトレを行うべきなのじゃ。相場の状況に合わせた投資法をマスターしないといけないのじゃぞ。

アベノミクスでの上昇トレンドで、株式市場は久方ぶりに沸騰しておるのじゃが、2005年頃のように雰囲気だけで株取引をせずに、今こそしっかりとした株の知識と取引スキルを磨くべきじゃぞ。

そのためには、きちんとチャートの読み方を身に着けないといけないし、板情報を読めないといけないのじゃ。なお、ローソク足の基本的な知識についてはこちらに書いてあるので、見てみると良いのじゃぞ!

経験を積むにはどうしたらよいか、ということなのじゃが、まずは少額からでも良いので株取引することをおすすめするのじゃ。バーチャル取引を用意している証券会社もあるので利用してみても良いと思うのじゃが、バーチャル取引をする上で一つ肝に銘じて欲しいのが「バーチャルで勝てても実際の相場では勝てないことが多い」ということなのじゃ。本当に不思議なのじゃが、バーチャルで勝てる人は一定数いても、いざその人たちがリアルで取引をすると、なぜか勝てなくなるのじゃ。実際のお金を動かして取引するのと仮想マネーとでは、やはり感覚が異なるのじゃろうな。バーチャルよりも少額でも良いからリアルでトレードをした方がスキルアップの近道であることが多いぞ。

【デイトレの動画はこちらじゃ!】

●パルのデイトレ動画 キャンバス№2

関連記事

外食産業が盛り返してきたのじゃ

 東日本大震災以降、外食産業が下火となってからじわじわと回復しておったのじゃが、近頃はかなりの盛り上がりを見せているのじゃ。  サイゼリヤ(7581)は中国などアジアの支店の収益が伸びるほか、国内にお …

食品株はディフェンシブ株か?SBI証券のレポートに注目ですわ!

SBI証券では、ディフェンシブ株として認識されている食品株について、果たしてディフェンシブなのかどうかを分析していますのよ。 「食料品」セクターの株価推移の特徴を探るため、SBI証券では主要指数との比 …

今後の市場のタイムスケジュールを要チェックですわ!

SBI証券の「225の『ココがPOINT!』」では、「大台回復へ、テクニカル面では足場固めが続く日経平均株価 」というテーマで、日経平均の現状を分析していますのよ。 11月半ばまでの日経平均株価は概ね …

第二十二回:トヨタ株でIR財務資料でCF計算書を確認するでござる

「前回はトヨタのIR資料を参考にして営業利益の確認、その後決算報告書類で貸借対照表(P7-8)、CF計算書(P13)、損益計算書(P9-12)を説明したでござる。」 「うんうん。営業利益までは分かった …

建設機械株に注意なのじゃ

 時折工事現場の前を通り過ぎると、用途によって様々な建設機械が働いておるのう。それだけ機械を用いた工法の幅が広がったということじゃろうな。  そんな建設機械の大手、小松製作所(6301)の株価が9月1 …

トップへ戻る