【アベノミクスの金融政策を確認してみるのじゃ!】

Pocket

これまでアベノミクスの効果について色々と見てみたのじゃが、その中でも一番の要となっているのが、金融政策なのじゃぞ。
安倍首相も言っていたとおり、デフレからの脱却がまず第一の目的なのじゃ。

このデフレからの脱却のために、どのようなことが行われるかというと、マネタリーベース(日本銀行当座預金と日本銀行券と硬貨の合計)を増やして、インフレ予想(人々がもつ物価の先行きに関する見方)を高めるのじゃ。実質金利(名目金利マイナスインフレ予想率)が下がるのじゃぞ。これにより株価は上がり、為替は円安方向へと進むのじゃ。

ちなみに、円安になると、輸出は半年から1年半ぐらいの間に増加し、株高になると消費は半年から1年半ぐらいの間に上向くそうじゃぞ。設備投資は半年から2年程度の間に伸びるそうじゃ。これは、実質金利が低下したためなのじゃ。

輸出に消費、そして設備投資が伸びた後、ようやく物価や賃金が上がるのじゃぞ。ここに至るまでが約2年とのことなのじゃ。企業は内部留保を使って最初は設備投資を行うので、銀行等の外部からの資金を借りてきて設備投資を行うようになるまでには3年くらいかかるのじゃ。そうなってようやく銀行の貸出が増えるのじゃぞ。貸出が増えることで、金利は上がるのじゃぞ。

このように、マネタリーベースを増やすことで、円安・株高、輸出、消費、設備投資が伸びるのじゃぞ。

関連記事

8月は百貨店の売れ行きがよかったのじゃ

 外国人観光客が電器店やドラッグストアで大量に買い物をし、売り上げを伸ばしてくれているのはよく見かけるのじゃ。しかし、それ以外に百貨店でもインバウンド需要で売り上げを伸ばしておるのじゃ。そのおかげもあ …

スーパーに転機なのじゃ

 時代も変われば在り様も変わるのじゃなぁ。かつて総合スーパーが登場し、その便利さから多くの人が買い物に訪れたのじゃ。その後、形を少しずつ変えながら増えていった総合スーパーは、消費の多様化によって淘汰さ …

猛暑の恩恵を受ける業界に注目じゃ!

猛暑が続いておるのじゃ。特に気温が35度を超える猛暑日が全国各地で続く時期は夏物衣料やビール、飲料などの売れ行きが好調となり、小売りや食品、ドラッグストアといった関連銘柄に注目が集まるのじゃ。 これら …

【デイトレを行う上でまずは順張りをやってみるのじゃ!】

投資経験を積み、これからデイトレを行おう、という段階になった時、どういうタイミングで取引をするのか、ということが重要になってくるのじゃ。 特にデイトレは、一見簡単そうに見えて奥深く、初心者が『なんとな …

第四回:「投資」と「投機」の中間をするでござる①

「今回からゲストを呼んだでござる。」 「よろしくね。私も株をやってるけどなかなか勝てませんわよね。」 「左様でござるな。前回の話の中で株式に勝つには 「投資」と「投機」の中間をすることを薦めたでござる …

トップへ戻る