【アベノミクスによる中国経済の影響】


アベノミクス開始後、円は急速に下がり続けるのに並行して、中国の鉄道貨物輸送量が急激に落ち込む傾向が顕著になっているのじゃ。なぜ円安・人民元高と中国景気不調共振するのかを今回は見てみるのじゃ!

人民元は昨年12月5日までの2年間で円に対して50%以上も上昇したのじゃ。 人民元高は中国の輸出競争力を損なわせるのじゃ。製造業の新規輸出受注指数はこの11月で前年比2・1%減じゃ。日本企業は対中投資を削減し、他の生産をアジアへ移す動きも出ているのじゃよ。このまま、円安・人民元高が続けば、賃上げ率が年2ケタの中国に見切りをつけて、日本にUターンする企業が続出しておかしくない情勢なのじゃ。

円安の動因はもちろん、アベノミクス第1の矢「異次元金融緩和」じゃ。日銀が資金を大量発行すると、ドルに対する円相場は下落するのじゃ。中国は逆に人民元をドルに対して切り上げざるをえないのじゃ。

中国当局は外国為替市場に介入して、人民元を小刻みながら切り上げることで、外部からの資本流入を促しているのじゃ。中国本土にカネを持ち込む勢力の多くは中国の党官僚、国有企業など特権層で、大半は利殖目的であって愛国的ではない、と言っても過言ではないのじゃ。人民元を切り下げると、こうした投機資金の多くが中国から逃避するのじゃ。すると、不動産や株式相場は暴落する恐れがあるのじゃよ。従って、習近平政権は汚職高官の不正蓄財資産の対外持ち出しを取り締まると同時に、人民元相場を引き上げざるをえないくなるのじゃ。中国は自身の制度と内部事情のためにアベノミクス相場に対応できないのじゃ。

習政権が安倍政権との対話再開に動き出した理由の一端は、以上のような中国側の苦境にあるのじゃろう。高度な技術を持つ日本企業を何とかつなぎ留めないことには、将来が危ういと考えているのじゃ。

関連記事

読書の秋。株の勉強には持ってこいの季節になったのじゃ。

秋と言えば… 食欲の秋!!女子会が一層楽しくなる季節じゃの☆ だが、ここでは読書の秋じゃ。 秋は株やお金について本を読んで株に勝つのじゃ!! まずはネットマネー10月号 (P.130)今月のグッドなマ …

今後の日経平均の方向感を占うのですわ!

SBI証券では、「225の『ココがPOINT!』」で、今後の日経平均の方向感について取り上げていますわ。 前回紹介したとおり、米国経済の好調や中国の株式市場の混乱がいったん収束していることを受けて、日 …

GDPがマイナスでも日経平均が大幅安にならないのは何故?

SBI証券では、「GDPマイナスだが日経平均が大幅安にならない要因は?」というテーマでレポートを掲載していますわ。 今週月曜日に発表されたGDPは2四半期連続のマイナスとなるのですわ。2014年4月~ …

【アベノミクスと東南アジア】

アベノミクスが与える影響について色々な角度から見てきておるのじゃが、今回は、東南アジア諸国にとってどうなのかということを見てみるのでござる。 昨年12月17日に日経新聞が報じたところによれば、野村証券 …

ジェネリック家電に注目なのじゃ

近頃ジェネリック家電に人気が集まっているのじゃ。 山善(8051)やの扇風機はシンプルな機能で低価格で売られており、パナソニック(6752)などの多機能な高級扇風機よりも売れ行きが良く、主力商品となっ …

トップへ戻る