【アベノミクスによる世界株高FRBの金融政策にどう影響するのか?】

Pocket

連邦準備制度理事会(FRB)は表向きには「外国の経済や金融市場のことを心配するのはFRBの仕事じゃない」という立場を堅持しておる。しかし、それではFRBが外国経済や海外のマーケットで起きていることを全然気にしないか? と言えば、そうでもないようじゃ。

実際、ベン・バーナンキ前FRB議長が「欧州各国の金利がマイナスになっているような局面でアメリカが利上げするのは良くない」という意味の発言をして注目されたのじゃ。つまり海外市場が元気の無いうちは、FRBも安心して利上げ出来ないというわけじゃ。

しかしここへきて欧州株式市場も、中国・香港市場も、そして日本株も好調で、世界的な株高になってきているわけじゃ。それはFRBが利上げのタイミングを模索するにあたっての「心の重し」が取れたことを意味するのじゃ。

また最近は怒涛の如くM&A(企業買収・合併)が発表されておる。2015年第1四半期のグローバルM&A総額は8871億ドルで、去年の第1四半期に比べ+23%で、これは2007年の1.1兆ドルに次ぐ高水準じゃ。

主なディールを振り返っただけでも、HJハインツによるクラフト・フーズの買収(454億ドル)、アッヴィーによるファーマサイクリックス買収(210億ドル)、ロイヤルダッチシェルによるBGグループの買収(700億ドル)など大型案件が目白押しじゃ。

企業の経営者のマインドが委縮しているときは、当然M&Aは活発でないのじゃ。M&Aが勢いよく戻ってきているということは、経営者が景気の先行きに自信を持っていることのあらわれなのじゃ。
しかしM&Aの隆盛はマーケットの過熱、バブルの醸成と紙一重であるという見方も出来るのじゃ。つまり、そろそろ冷やしにかからないと景気拡大局面が逆に短命で終わってしまうリスクが増加しはじめているわけじゃ。FRBがそろそろ重い腰を上げ、利上げに取り組まないといけないのはこのためなのじゃ。

関連記事

【空売りで相場を攻略するのじゃ!】

今まで、わらわは株は安く買って高く売れるように、トレードをしておったぞ。これから値上がりしそうな将来性のある株、大化け株など、短期的・中長期的に上がる銘柄を日々探しておったのじゃ。買った株が上がったり …

ユーロはどんなものなのかしら?(ギリシャ問題とユーロその8)

ギリシャは財政を立て直そうにも、どん詰まりの状態にありますのよ。その原因は、統一通貨であるユーロにある、ということはすでに書いたとおりですわ。 例えば我が国にしろ、アメリカにしろ一国一通貨を採っていま …

SBI証券のレポートで、海外投資家の動向を探るのですわ!

SBI証券では、海外投資家の日本株売りが続くのか?というテーマのレポートを掲載していますわ! 前回紹介したとおり、海外投資家の傾向として、日本株を含めた世界各国への株式への投資割合を変更したりすると、 …

去年の11月に執筆した原稿が…とうとう、キンドル出版されましたわ!!!

みなさま、ごきげんよう。 株セレブでございます。 ワタクシが去年の11月に執筆した原稿が とうとう、キンドル出版されましたわ!!! ワタクシ今では、セレブを名乗っておりますが 元は、浪費大好きのダメダ …

SBI証券の相場見通しに注目ですわ。

SBI証券では、11/2の週の株式見通しを掲載していますわ。 来週(2015/11/2~11/6)の日経平均株価の予想レンジは18,500円-19,500円とのことですわ。 11/3は祝日のため、東京 …

トップへ戻る