【アベノミクスと東南アジア】

Pocket

アベノミクスが与える影響について色々な角度から見てきておるのじゃが、今回は、東南アジア諸国にとってどうなのかということを見てみるのでござる。

昨年12月17日に日経新聞が報じたところによれば、野村証券が「アベノミクス」の成功が最も好影響を及ぼす地域は、東南アジア諸国連合(ASEAN)だとリポートで指摘した、とのことなのじゃぞ。日本向け輸出や日本企業による投資の拡大が見込めるということなのじゃ。

同様の予想を2013年1月22日にフジサンケイビジネスアイが報じておるのじゃ。
アベノミクスがアジア各国の経済に大きな影響を与え、東南アジア各国では、日本からの受注が拡大し、日本企業が低い資金調達コストを利用し同地域への投資を増やすとみられている、と報じておるのじゃ。

さらにその報道によれば、英銀大手HSBCとスイスの同業クレディ・スイスは日本の金融緩和と安倍内閣が打ち出した約10兆3000億円の経済対策で最大の恩恵を受ける国としてインドネシア、タイ、マレーシアを挙げているそうなのじゃ。金融緩和は日本企業と銀行に対し東南アジアへの投資引き上げと事業拡大を促し、資産価値の上昇や投資、消費を促し、それだけでこうした国々が2013年に高水準の成長を持続することに貢献する可能性があるとしておるのじゃ。日本の投資は1990年代前半に東南アジアの好景気を後押しした経緯があるのじゃぞ。

日本の金融緩和により、過小評価されている新興アジア諸国の通貨に一段の上昇圧力がかかる、とフジサンケイビジネスアイでは報じておるのじゃ。また、不二サンケイビジネスアイによれば、クレディ・スイスのリポートで、日本の需要拡大で最大の恩恵を受けるのは、インドネシアやマレーシアなどの商品輸出国であるとの指摘があったとのことなのじゃ。アベノミクスによる勝者は、日本が『供給者』であり『消費者』である国々とのことなのじゃぞ。反対に日本の輸出品と競合する製品を輸出する国々が敗者となるそうなのじゃ。

関連記事

日経平均株価の方向感をチェックするのですわ!

SBI証券では「225の『ココがPOINT!』」で、今後の日経平均の方向感について取り上げていますわ。 日経平均の上昇がここから本番となるのか、これまでの相場上昇の要因を整理しつつ、今後の方向感を占っ …

第十五回:纏めでござる

「これまでの回①銘柄の分散(パッシブタイプの投資信託やETFの利用)、②投資国の分散、③商品の分散、④時間の分散を教えたでござる。特に前回はドルコスト平均法について触れて負けにくい「投資」について説明 …

【空売りを知ってタフなトレーダーになるのじゃ!】

株は一方向だけに価格が動くものではないぞ。上がることもあれば下がることもあって、不規則なのじゃ。 何度も書いているとおり、わらわはもともと「株を安く買って、高く売る」買い取引を行っておったぞ。わらわの …

自然災害に注意なのじゃ

 先週末に茨城・宮城で洪水が起こり、多くの人が被害にあったと思えば週が明けて月曜日、今度は阿蘇山が噴火したとの報道で、今年の9月は気が抜けない月となったのじゃ。亡くなった方には心よりお悔やみ申し上げる …

【下降トレンドでも勝てる方法とは?】

株取引で利益を得る方法は、安く買って高く売るのが基本。 それは誰もが知っていることで、多くのトレーダーがこれを実践して毎日相場に挑んでいるはずじゃ。 わらわも安く買って高く売って利益を出そうと、日々ト …

トップへ戻る